ようこそ歌ごえサロンへ!歌ごえメンバーの「仲間の輪」ブログパートU

2020年06月21日

歌声サロン in 一心寺6月

 ジャカランタ.jpg 6月21日(日曜日)午後1:30〜 南会所 6月21日部分日食.jpg

  新型コロナ感染拡大緊急事態宣言で約4ヶ月間自粛していましたが、6月19日に全国で全面解除されましたので歌声も細心の注意を払っての再開の運びとなりました。まだまだ安心は出来ませんので三密を避ける為に20名の人数制限をして4箇所の扉を開け、会場には先ず検温チェック・手の消毒・椅子は前後左右に1m〜2m離してマスクをつけて歌うなどの約束を守って頂いての開催です。再開にあたり連絡の届かなかった方々には深くお詫びを申し上げます。安全確認をしながら序々に全員の方にご参加頂きたいと思っています。  さて今日は夏至で夕方から空には部分日食が見られるそうです。 それから今日、一心寺に到着して驚き!!何とジャカランダの花が満開でとても綺麗です。是非皆さんご覧になって下さい。 では佐藤さんのピアノ演奏.....空の果て今日もわれらの夢を呼ぶ・・・ から
              一心寺歌声6月がスタートします! Let's Go!
                        高原列車.jpg《1ステージ》忘れな草V.jpg
こんにちは、約4ヶ月のご無沙汰です。コロナ感染防止の為ソーシャル・ディスタンスで万全の注意をはかり、飛沫防止にマスク着用でお願いします。今日は1ページ1番オープニングの曲からスタートしましょう.....fp
★青い山脈.....若く明るい歌声に 雪崩は消える花も咲く 青い山脈雪割桜・・・ 1949年藤山一郎・奈良光枝のデュエット
トップはM氏から・・・★想い出は雲に似て.....昭和23年NHKラジオ歌謡 歌:近江俊郎
N氏どうぞ・・・★高原列車は行く.....昭和27年詩:丘 灯至夫 曲:古関裕而 歌:岡本敦郎で発表
O氏どうぞ・・・★白い花の咲く頃.....詩:寺尾智沙 曲:田村しげる ご夫婦でのラジオ歌謡は始めてです。
ご一緒に・・・★四季の雨.....文部省唱歌 日本の四季に降る様々な雨を、大正時代の言葉使いで表現
Hさんどうぞ・・・★この広い野原いっぱい.....森山良子は、銀座の画廊で偶然買ったスケッチブックの表紙に印刷されていた短い詩を見てひらめき、30分ほどで出来た曲だそうです。詩:小薗江圭子
K氏宜しく・・・★かわいいあの娘.....かわいいあの娘は誰のもの いえあの娘は僕のもの・・・「ラッサー」 は素晴らしい大きな声で。
Bさんどうぞ・・・★ビリーブ.....いま未来の扉をあける時 アイビリーブインフューチャー 信じてる・・・ NHK「生きもの地球紀行」
皆さんご一緒に・・・★テネシー・ワルツ.....歌:江利チエミ 生活の為アメリカ駐留軍基地でジャズを歌い英語を学ぶ
M氏どうぞ・・・★琵琶湖周航の歌.....平成10年「琵琶湖周航の歌資料館」整備、歌にまつわる様々な資料を展示、
O氏どうぞ・・・★忘れな草をあなたに.....昭和41年日活映画「悲しき別れの歌」主題歌として作られました。
Bさん宜しく・・・★竹田の子守歌.....京都伏見地方民謡 大阪府と京都府の一部の地域で歌い継がれてきました。  
                        6月紫陽花.jpg《2ステージ》月桃の花.jpg
第2歌集 2名で・・・★あじさいの花.....雨の吹き付ける庭で下町の路地裏で 花は蕾を育てひっそりと萌えている 雨に叩かれたり・・・
〃 お2人から・・・★ニコライの鐘.....歌:藤山一郎 詩:門田ゆたか 曲:古関裕而 青い空さえ小さな谷間 日暮れは・・・ 
〃 ご一緒に・・・★麦の唄.....NHK連続テレビ小説「マッサン」主題歌 詩・曲:中島みゆき 2014年
〃 U氏どうぞ・・・★岩尾別旅情.....丘の上に咲く一輪の・・・ エゾニューの花は、セリ科シシウド属の多年草で夏に花を咲かせます。北海道のほか、本州中部以北の比較的標高の高い地域に分布しています。
〃 N氏どうぞ・・・★雨降りお月&雲の月.....野口雨情詩 中山晋平曲 日本の童謡 大正14年「コドモノクニ」増刊号
〃 Fさん宜しく・・・★雨傘唐傘..... 雨傘唐傘 傘さして 父さん迎えに行きましょう・・・ 詩:武内俊子 曲:河村光陽 歌:河村順子
〃 N氏どうぞ・・・★月桃.....沖縄戦が終結した6月23日は県条例で「慰霊の日」と定められ各公立学校等も休みになり、各地で慰霊祭が行われます。沖縄では5月〜6月にかけて月桃の花が咲きます。
Oさんどうぞ・・・★みどりのそよ風.....昭和21年3月NHKの依頼で清水かつらが詩を、早川 信が曲を付ける。
Fさん宜しく・・・★若葉.....昭和17年刊行「初等科音楽二」発表。 平和でみどり豊かな日本の風景を歌っています。 
Oさんどうぞ・・・★涙そうそう.....森山良子は若い時この世を去ったお兄さんの事が浮かんできたそうです。 
T氏どうぞ・・・★花はどこへ行った.....ベトナムは独立と民族統一をかけた戦争の世界で一番有名な反戦歌。
ご一緒に・・・★翼をください.....いま私の願い事が 叶うならば翼がほしい この背中に鳥のように 白い翼つけて下さい・・・
                         海女の子供U.jpg  《3ステージ》蛙の笛.png
第2歌集 Y氏どうぞ・・・★海女の子ども.....昭和24年音楽之友社出版「津川主一編小学中学合唱曲集」掲載の曲。
〃 M氏どうぞ・・・★オホーツクの海.....静かに沈む夕日オホーツクの海に 風は波をさそい夕日におどるよ はるかな・・・ 松山千春 
〃 Y氏宜しく・・・★海よおしえて.....弱い私がこれからも 夢を消さずに・・・ 昭和40年岸洋子 昭和54年倍賞千恵子「海の詩」
Hさんどうぞ・・・★川岸のベンチで.....ロシア歌曲に多い短調ですが、二拍子の明るく現代的な歌になっています。
N氏とご一緒に・・・★モスクワ郊外の夕べ.....1955年に発表、映画「スパルタキヤード(競技会)の日」主題歌。
K氏どうぞ・・・★ブンガワンソロ.....愛の誓いは 永久に変わらじ・・・ インドネシア民謡 東南アジアで最も知られた歌。 
皆さんで・・・★切手のないおくりもの.....1978年NHK「みんなのうた」でペギー葉山歌唱で発表さらる。
Yさん宜しく・・・★川の流れのように.....人生そのものを歌った、そして歌手の正に三位一体の素晴らしい歌。 
第2 K氏・Uさんどうぞ・・・★蛙の笛.....昭和21年或る日の夜更けに眠れないでいた斎藤信夫の耳に、コロコロ コロコロと蛙の鳴き声が聞こえてきました。聞いてる内に自然に詩が浮かんで作られたそうです。
Fさんどうぞ・・・★われは海の子.....明治43年「尋常小学校読本唱歌」掲載され作詞・作曲不詳と言われてきました。
ラスト曲・・・★アモール・モナムール・マイラブ.....思いを込めて君呼べばこの胸に・・・ 歌える日を待ち望んでいました。
CIMG3430.JPG CIMG3432.JPG CIMG3433.JPG CIMG3434.JPG CIMG3437.JPG
CIMG3438.JPG CIMG3441.JPG CIMG3442.JPG CIMG3449.JPG CIMG3451.JPG

  皆様 ご協力を有難うございました。油断せずにマスク・うがい・手洗いをお忘れなき様に!
        次回は 7月12日(第2日曜日)です。
           まだ暫くは人数制限になりますが、少しずつ戻ればと思います。
           ご連絡の不行き届きを深くお詫び申し上げます。     歌声サロン 村田貴子

6_114.jpg 6_114.jpg 6_114.jpg 6_114.jpg

音符ト音記号U.jpgそよ風のメロディー 虹色のハーモニー  爽やかスマイルをお届けします  音符ヘ音記号.jpg
                                                    歌声サロン
    歌声依頼の連絡先は090-2191-1039(深海)ふかみ 📩 fkatz@hcn.zaq.ne.jp 
                                    《事務局》  090-5887-0476(村田)          luna@angel.zaq.jp 
                                                                                                              このままクリックでOK!
...............................................................................................................................................
posted by たかピー at 20:57| Comment(0) | 一心寺歌声日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月10日

歌声サロンから「一心寺歌声喫茶再開のおしらせ」

コロナ感染もまだまだ油断は出来ませんが、検温・マスク・消毒・席の間隔を空ける...などなど
細心の注意をしながら、歌声を再開する事になりました。
  6月21日(日曜日)後1:30より開催いたします。
     
    どうぞ宜しくお願い致します。     歌声サロン 深海勝也・村田貴子

6_114.jpg 6_114.jpg 6_114.jpg 6_114.jpg
posted by たかピー at 17:06| Comment(0) | 一心寺歌声日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

歌声喫茶 in 住之江3月

3月写真.jpg 3月2日(月曜日)午後1:30〜 喫茶 エンジェル   ひな祭り1.jpg

  明日はひな祭りです。ひな祭りは女の子の健やかな成長を願う行事で「桃の節句」とも呼ばれ、ひな人形に桃の花、雛あられや菱餅などを飾ったり、ちらし寿司やハマグリの料理を楽しむ節句祭りのひとつです。「ひな人形」を飾るなど日本各地でイベントが開催されています。由来は中国から伝わった「五節句」という行事のひとつ「上巳」だそうです。 今日はいつもと変わらず、大勢のお客様に来て頂きまして本当に有難うございます。 早速、緑さんのオープニング曲から 住之江歌声3月がスタートします 🚩 GO!GO!GO!
                       春の唄.jpg 《1ステージ》   絵日傘U.jpg
こんにちは、世の中はコロナで異常事態ですが、沢山お集まり頂き有難うございます。電車の中はガラガラでした。あちこちの歌声が中止になる中、今日は思い切り楽しんで歌いましょう、最初はこの歌から.....fp
うれしいひな祭り.....灯りをつけましょボンボリに お花をあげましょ桃の花・・・ 「ぼんぼり」とは、ろうそくをともす燭台(しょくだい)を紙や布で囲った古い灯火具。雛段飾りでは、お内裏様とお雛様の外側に左右一つずつ置かれる。
Uさんとご一緒に・・・春の唄.....ラララ・・・ 昭和22年ラジオ歌謡 喜志邦三は大阪府堺市の出身「赤とんぼ」作詞者
Y氏と皆さん・・・なごり雪.....詩曲:伊勢正三は、高校時代先輩の南 高節に誘われた事が音楽へのスタート!
W氏宜しく・・・リンゴの花咲く頃.....蕾のころは外周りは赤、5月ごろ花弁が開くにつれて ピンクになっていきます。
Sさんと皆さん・・・宗谷岬.....演歌の作曲家 船村メロディーとは大きく違うフォークソング調暖かく爽やかな歌。
AさんとK氏で・・・朝はどこから.....朝日新聞社が懸賞募集をし、浦和市の森 まさるの詩が一等になりました。
第2 W氏どうぞ・・・春が呼んでいるよ.....ポーランド民謡を原曲とする日本の子供向けの歌 NHK「みんなのうた」
〃 皆さんで・・・絵日傘.....さくらひらひら絵日傘に ちょうちょも ひらひら来て止まる 乳母の・・・ 大村主計・豊田義一コンビ作 
〃 W氏と皆さん・・・さくらさくら.....日本の歌曲 実際は幕末、江戸で子供用の箏の手ほどき曲として作られた。
K氏とご一緒に・・・想い出は雲に似て.....昭和23年NHK「ラジオ歌謡」心優しい健康的な歌が求められていた。
Nさん・Sさんコンビ・・・遠くへ行きたい.....昭和37年「夢であいましょう」ジェリー藤尾が歌い大ヒットとなりました
Uさんとご一緒に・・・花のまわりで..... 昭和30年第22回 NHK全国学校音楽コンクール小学校の課題曲。
Aさんと皆さんで・・・ふるさと.....日本を代表する唱歌 1914年尋常小学校の六年生用の教材として発表された。
CIMG3380.JPG CIMG3382.JPG CIMG3383.JPG CIMG3384.JPG CIMG3385.JPG
CIMG3386.JPG CIMG3387.JPG CIMG3390.JPG CIMG3393.JPG CIMG3395.JPG
                         あわて床屋.jpg 《2ステージ》 あざみの花V.jpg
K氏お待たせです・・・蘇州夜曲.....1940年日本の傀儡満州国の国策映画「蘇州夜曲」の主題歌として作られた。
Kさんとご一緒に・・・南国土佐を後にして.....昭和27年歌:鈴木三重子 昭和33年NHK高知放送局開局記念「歌の広場」が放映され、ここでジャズ歌手:ペギー葉山がカラッとした歌声で歌い大ヒットする。 
Mさんと皆さん・・・どこかで春が.....山の三月東風吹いて どこかで春が生まれてる・・・ 仄々した何とも暖かい感じの歌。
Nさんとご一緒に・・・ここに幸あり.....昭和31年同名の松竹映画の主題歌として作られました。歌:大津美子
K氏宜しく・・・真夜中のギター.....昭和44年新人歌手:千賀かおるのデビュー曲。ポップス歌謡到来を伝える歌。
W氏と皆さんで・・・あわて床屋.....春は早うから川辺の葦に 蟹が店出し床屋でござる チョッキン チョッキン チョッキンナ・・・ 詩:北原白秋は散歩コースにある伊勢谷理容店に行っていたそうです。昭和2年に山田耕筰:作曲。大正8年曲:石川 拙 
Fさん・M氏どうぞ・・・あざみの歌.....昭和30年後半まで楽しみの一つはラジオを聞くことで、ラジオから流れる連続小説を聞き手に汗を握り涙し、ラジオ歌謡では家族みんなが口ずさむ歌が流れました。昭和24年放送
Y氏とYさんで・・・月の沙漠.....加藤まさをは、大正12年に少女雑誌「少女倶楽部」に挿絵と詩を書いて掲載。
M氏宜しく・・・坊がつる讃歌.....登山の訓練で来ていた「現広島大学」の山岳部でよく歌われていたそうです。
Mさんとご一緒に・・・涙そうそう.....晴れ渡る日も雨の日も 浮かぶあの笑顔 想い出遠くあせても面影探して・・・ 詩:森山良子
Y氏と皆さんで・・・いい日旅立ち.....この歌には続編がありました、題名は「いい日旅立ち 西へ」 歌:鬼塚ちひろ
FさんとM氏で・・・早春賦.....吉丸一昌が地元の教育委員会に講師として招かれた行った安曇野の美しい景色が、この詩を生んだと言えるのではないでしょうか、同僚の中田 章に作曲を依頼して作られました。
CIMG3397.JPG CIMG3398.JPG CIMG3400.JPG CIMG3401.JPG CIMG3399.JPG
CIMG3408.JPG CIMG3404.JPG CIMG3405.JPG CIMG3406.JPG CIMG3407.JPG
                      小さな世界U.jpg 《3ステージ》春の小川U.jpg
第2 M氏ソロでどうぞ・・・湖畔の宿.....歌:高峰三枝子 歌を聞きながら特攻隊は2度と帰らぬ特攻攻撃に出撃! 
〃 K氏と皆さん・・・ふるさとは今も変わらず.....爽やかな朝靄の中を 静かに流れる川 透き通る 風は体を・・・ 新沼謙治曲
M氏宜しく・・・惜別の歌.....島崎藤村の詩は、妹と姉が互いを気遣い励ましあって交互に四題を歌ったものです。
Y氏とご一緒に・・・希望.....歌:岸洋子1970年第12回日本レコード大賞歌唱賞受賞 闘病入院中の為不参加
NさんとSさん・・・あの町この町.....あの町この町 日が暮れる・・・ 大正13年童謡雑誌「コドモノクニ」掲載 翌年「金の星童謡曲譜集」に収められて以来歌い継がれていきました。詩:野口雨情 曲:中山晋平 
M氏と皆さんで・・・星の界(よ).....曲:コンヴァースは1832年アメリカ生まれの弁護士、ライプチヒ音楽学校で学ぶ
K氏とご一緒に・・・なつかしき愛の歌.....この歌の特徴は、前半はゆったり四拍子、後半は流れるような三拍子。
Mさんと皆さん・・・希望のささやき.....女性二重合唱曲に作られワルツのリズムと美しい旋律に女性合唱団愛唱。
M氏宜しくね・・・小さい部屋.....ロシア民謡 何を悩んでいるのでしょうか?乙女の様子を優しく見守っています。
K氏お願いします・・・小さな世界.....世界中どこだって笑いあり涙あり みんなそれぞれ助け合う小さな・・・ ウオルト・ディズニー
皆さん前に・・・春の小川.....大正元年に文部省から発表されて以来、今も歌い継がれています。
ではラスト曲です・・・☆アモール・モナムール・マイラブ.....作詞:パレンシ・ピンチ 作曲:マルゴーニ  「私の恋人」
CIMG3409.JPG CIMG3410.JPG CIMG3412.JPG CIMG3416.JPG CIMG3417.JPG
CIMG3418.JPG CIMG3420.JPG CIMG3422.JPG CIMG3423.JPG CIMG3424.JPG

 今日は少ないかと心配でしたが、あちこち中止になる中をエンジェルさんに大勢来て下さり
 本当に有難うございました。 帰られたらぐに うがい・手洗い・消毒 を宜しくお願いします。
次回は4月6日(第1月曜日)皆さんお身体に気をつけて、来月またお会いしましょう✋✋

4_019.jpg 4_019.jpg 4_019.jpg 4_019.jpg
天使V.jpg 歌声のお問い合わせは電話 06-6674-8046 (喫茶 エンジェル)
                    歌声サロン(深海)090-2191-1039       (事務局)  090-5887-0476(村田)  
                                                       pc mail toluna@angel.zaq.jp  (村田)
                                                                       このままクリックでOK!
...............................................................................................................................................
posted by たかピー at 21:44| Comment(0) | 住之江歌声日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする