ようこそ歌ごえサロンへ!歌ごえメンバーの「仲間の輪」ブログパートU

2016年05月08日

歌声喫茶 in 南津守さくら歌声(5月)

  母の日.jpg  5月8日(日曜日)午後2:00〜 さくらカフェ母の日W.jpg

  今日は母の日です。 アメリカ人のアンナ・ジャービスが母の死後、その墓に白いカーネーションを飾ったことに由来するそうで、カーネーションは母性愛のシンボルとされ、日本では地久節(皇后誕生日)を母の日として婦人会などを中心にいろんな行事が行われていましたが、昭和24年頃からアメリカの例にならうようになったと言われています。 長かったゴールデンウイークも終わりですね! 日曜日の晴天に恵まれ吹く風も気分も爽やかに南津守へと向かいます。 今日は黄砂が多く、大阪市内で黄色く曇って見える所もあったようです。 では電子ピアノでのオープニング曲「母の教え給いし歌」の演奏より 
                さくら歌声のスタートです GO!GO!GO!
                            背くらべ.jpg《1ステージ》リンゴの木.jpg
こんにちは、あっという間にゴールデンウィーク最終日になりましたが、お疲れになったのでは? いよいよ季節は夏です!八十八夜から子供の日そして初夏の歌などを歌いつづりたいと思います。早速この歌から始めましょう.....(fp)
★茶摘み.....日和続きの今日この頃を 心のどかに・・・ 立春から八十八夜の五月頃、お茶の若葉が一杯になる時期に新芽を摘む。
★背くらべ.....柱の傷はおととしの5月5日の背比べ ちまき食べ食べ兄さんが・・・ 幼い子供たちの成長を知ろうと柱に印を付けました。
★鯉のぼり.....百瀬の滝を登りなば たちまち竜になりぬべき わが身に似よや男子と・・・ 男子とは⇒おのことと・・・と歌いましょう。
★みかんの花咲く丘.....(i様・N様) 歌:川田正子 昭和21年こんなに素晴らしい歌が何と!放送前日の汽車の中で作られた。
★とうだいもり.....イギリス民謡 昭和22年の文部省唱歌「五年生の音楽」掲載 メロディーが日本に来たのは明治42年。
★翼を下さい.....障害をもつ子供たちへの応援歌として子供から大人まで歌える素敵な歌の一つとなって歌い継がれています。
★見上げてごらん夜の星を.....(N様) 昭和35年ミュージカル大阪公演。制作は大阪労音、働きながら学ぶ定時制高校生を描く。
★恋はやさし野辺の花よ.....田谷力三が大正11年に小林愛雄訳の歌をレコーディングし流行歌としても爆発的な人気。
★ここに幸あり.....(I様) 歌:大津美子 昭和31年松竹映画の主題歌 命の限り呼びかける こだまの果てに待つは誰 君に寄り添い・・・
★小さな木の実.....(U様) ビゼー曲 海野洋司詩 NHK「みんなのうた」大庭照子の歌唱で広がりました。パパと二人で拾った・・・
★上を向いて歩こう.....間奏は口笛かルルルでね! NHKテレビ番組「夢であいましょう」で始めて放送されました。
★林檎の木の下で.....(U様) 歌:ディック・ミネ 林檎の木の下で 明日また逢いましょう 黄昏赤い夕日西に沈む頃に・・・
★レッドリバーの谷.....アメリカ民謡  別題「紅い河の谷間」は、アメリカの先住民族のモホーク族が歌い継いでいました。 
CIMG7563.JPG CIMG7549.JPG CIMG7550.JPG CIMG7555.JPG CIMG7566.JPG
                          カーネーション.jpg《2ステージ》   肩たたき.jpg
5月第二日曜日は母の日ですが、8日は今迄で一番早い母の日になります。 ではお母さんの歌を歌いましょう!
★肩たたき.....中山晋平曲 母さんお肩をたたきましょう タントンタントンタントントン・・・ お母さんが歌って下さいました、どうも有難う!
★おかあさん.....詩:江間 章子は昭和を代表する唱歌の作詞家・詩人です。曲:中田喜直 おかあさん おかあさんとそっと呼んでみる 大人になっても遠く離れてもあなたはいつも青い空 淋しさも悲しみもみんな吸い取ってくれる 何も言わないでじっとこらえていた時・・・
★お母さん覚えていますか.....昭和30年ABCホームソングで発表。曲:高田信一は日本の作曲家・指揮者で元広島大学教授。
★長崎の鐘.....お二人でどうぞ!昭和24年に発表され今でも多くの日本人に愛唱されます。日本の歌謡史に燦然と輝く名曲。
★ピクニック.....イギリス民謡 動物の鳴き声を宜しく!グワー・メエー・コケコッコー・モー 昭和37年NHK「みんなのうた」で紹介されました。
★芭蕉布.....沖縄の歌で歌声では大人気!沖縄の北部、大宣味村(おおぎみむら)の「喜如嘉」が芭蕉布の里で知られます。
★瀬戸の花嫁.....(I様) ご夫婦でどうぞ! 舞台は、香川県小豆島土庄町沖ノ島・千振島・葛島と囲ったあたりと言われています。
★大きな古時計.....(N様) 女性お二人で素敵です。 詩・曲:のワークはほぼ事実を詩に書きました。大きなノッポの古時計・・・
★ビリーブ.....(S様) 皆さんで宜しくね! 詩・曲:杉本竜一 NHK「生きもの地球紀行」のエンディング曲として流された。
★蘇州夜曲.....(U様)どうぞ! 寒山寺の鐘を一度突けば10年寿命が延びるそうですね。 U様有難うございました。
★街の灯り.....ご一緒にどうぞ! 詩:阿久 悠 曲:浜 圭介 歌:堺 正章で第24回NHK 紅白歌合戦で歌う。そばに誰かいないと・・・
CIMG7568.JPG CIMG7569.JPG CIMG7570.JPG CIMG7573.JPG CIMG7576.JPG
                          子猫.jpg 《3ステージ》 ひよこの母さん.jpg
★夕方のおかあさん.....かなかな蝉・ひよこの母さん・チラチラ波・めだかの母さん・サヤサヤ風・子猫の母さん・・・ 間奏も可愛いですね!
★ママのそばで.....インドネシア民謡 中山知子作詩  おいでよママのそば 安らかなひとときよ そんなに不思議そうに何を考えてるの・・・
★花の街.....(女性お二人) 昭和22年NHK「婦人の時間」で放送。詩:江間章子は、「私の幻想の街です。 戦争が終わり平和が訪れた地上には瓦礫と一面の焦土に覆われていました、その中でハイビスカスなどの花が中空に浮かんでいる夢を描きました。」
★遠くへ行きたい.....(U様) 昭和37年NHK音楽バラエティー番組「夢であいましょう」歌:ジェリー藤尾で大ヒット!
★憧れのハワイ航路.....(I様) とても素敵に有難うございました。 ハワイは今でも日本人の憧れの地ですね。
★あこがれの郵便馬車.....昭和27年歌:岡本敦郎 遠くから馬車がしゃんしゃんと鈴を鳴らし乍ら近づいて来る様なイントロです。
★涙そうそう.....カフェの可愛い看板娘さん宜しくね! 歌:森山良子 若い時この世を去ったお兄さんの事が浮かんできました。
★夏は来ぬ.....詩:佐々木信綱は、和歌の創作・研究に功績を残した歌人で古典文学の研究や註釈、復刻にも力を尽くしました。卯の花は初夏に白い花を咲かせるウツギの花を指し、忍音(しのびね)はその年に初めて聞かれるホトトギスの鳴き声。
★夜明けの歌.....(S様・U様) 夜明けの歌よ私の心に 昨日の悲しみ流しておくれ 夜明けの歌よ私の心に・・・ 素敵な歌声を有難う!
★ナポリは恋人.....U様は中々のお洒落な歌のセンスをお持ちですね!元気一杯に歌って下さいました、有難うございました。
★夏の思い出.....女性お二人で宜しくね! 昭和24年NHKラジオ歌謡で歌:石井好子で紹介、美しく素直な旋律が全国に広まる。
お別れの曲です、よろしかったら立って大きな声で歌いましょう!
★今日の日はさようなら.....信じ合う喜びを大切にしよう 今日の日はさようなら また会う日まで また会う日まで・・・

   本日はどうも有難うございました✋ *さくら歌声は今回で終了します。    たかピー
CIMG7578.JPG CIMG7580.JPG CIMG7581.JPG CIMG7582.JPG CIMG7586.JPG
CIMG7587.JPG CIMG7591.JPG CIMG7592.JPG CIMG7597.JPG CIMG7599.JPG

     そよ風のメロディー 虹色のハーモニー 爽やかスマイルをお届けします ppp歌声サロン
            (吉田)090-6550-0364    又は 090-5887-0476 歌声サロン(事務局)
                                                   pc mail to
luna@angel.zaq.jp  (村田)
                                                       このままクリックでOK!
.............................................................................................................................................................................................................................
posted by たかピー at 21:10| Comment(0) | さくら歌声喫茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする