ようこそ歌ごえサロンへ!歌ごえメンバーの「仲間の輪」ブログパートU

2018年11月05日

歌声喫茶 in 住之江11月

11月花カランコエ.jpg 11月5日(月曜日)午後1:30〜 喫茶 エンジェル フィギア フインランド大会.png

  昨日と連日の歌声です!今日も秋晴れで気温は24度のとても爽やかな小春日和に恵まれました。「あべの」から阪堺電車トラムで安立町の会場へと向かいます。 さてフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は4日に男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が190.43点、合計297.12点でともに今季世界最高点で優勝を飾りました。演技後半に決めた史上初となる4回転トウループ―3回転アクセルのコンビネーション「4T-3A」の連続ジャンプを成功させた瞬間、歴史的な圧勝劇に脚光を浴びせています。常に挑戦する努力は本当に凄い!! さぁ今日も歌声に大勢のお客様が足を運んで下さいました、有難うございます。沢山歌って楽しみましょうね! オープニング演奏から 住之江歌声11月がスタートします!GO!GO!
                     ふるさと@.jpg 《1ステージ》 お下げ髪.jpg
こんにちは、すっかり秋らしく晴れましたが暦の上で明日は立冬です。観光地のあちらこちらから紅葉が身頃ですの便りが届いています。そんな秋のひと時をご一緒に楽しく過ごしたいと思います、ではスタートしましょう.....fp
旅愁.....窓打つ嵐に夢も破れ はるけき彼方に・・・ オードウエイはアメリカの医学博士として医業の傍ら作曲にも才能有
M氏・Fさんからどうぞ・・・故郷の空.....スコットランド民謡 明治政府は訳詩家:大和田建樹に詩を、明治21年誕生
W氏・H氏どうぞ・・・追憶.....スペイン民謡  「明治唱歌集」第五集「月みれば」が「追憶」の日本における元歌です。
Kさんとお友達で・・・浜辺の歌.....変イ長調八分の六拍子のメロディーは外国曲の響があり外国でも演奏される。
Mさんお席から・・・北上夜曲.....想い出すのは想い出すのは 北上河原の月の夜・・・ 昭和36年週刊誌「サンデー毎日」が作者不詳の名曲として紹介したところ、安藤睦夫が名乗りを上げ作詞:菊池 規・作曲:安藤睦夫と判りました。  
Sさん・Nさんです・・・白い花の咲く頃.....さよならと言ったら 黙ってうつむいてたお下げ髪・・・ 旦那様の初恋の人でした。
Y氏とご一緒に・・・瀬戸の花嫁.....作曲:平尾昌晃はウェスタン・ジャズ・ロカビリー・歌手・作曲家で才能を発揮。
Tさん宜しく・・・坊がつる讃歌.....元歌は昭和8年に作られた「雲に消え行く山男」だそうです。
Mさんどうぞ・・・夜明けの歌.....歌は岸洋子ですが、最初は坂本九が私の心を⇒僕の心 と歌っていました。
W氏と皆さん・・・小さい秋見つけた.....3番の歌詞「はぜの葉」は、ウルシ科ウルシ属の落葉樹ハゼノキの葉の事
Nさんとご一緒に・・・茶摘.....夏も近づく八十八夜 トントン・・・ 立春から八十八日目頃新芽を摘むのが最適と言われる。
Y氏とご一緒に・・・霜月の午後(奥様お手をどうぞ).....次を忘れたら繰り返せばいい イチ・ニ・サンと何度でも・・・ 亡くなった認知症の奥さんを介護する林学さんに石黒真知子さんが詞を寄せてつくられました。実話です。
CIMG1373.JPG CIMG1375.JPG CIMG1376.JPG CIMG1378.JPG CIMG1379.JPG
                       木の実W.jpg《2ステージ》 たき火.jpg
M氏からです・・・小さな木の実.....詩:海野洋司は長男の誕生日に書いていた詩のフレーズをヒントにして書く。
H氏ソロでどうぞ・・・・アデュー.....アデューとはもう二度と会わない時に使うさようならです。
Y氏と皆さんで・・・なつかしき愛の歌.....たそがれの灯火は 愛しくも仄々と・・・ ビンガムが書いた原題は「Love・s old Sweet  Song」 として紹介され「やさしき愛の歌」と呼ばれることもあります。 
Mさん宜しく・・・小雨降る径.....訳詩:薩摩 忠は日本人向けの簡潔な言葉を用いていて良いですね!
M氏ソロでどうぞ・・・春の日の花と輝く.....メロディーは300年も前に歌われていたアイルランドの古い民謡です。
Yさん・Y氏で・・・ラ・ノビア.....1962年チリ人のホワキン・プリートが作詞・作曲したものでアルゼンチンで大ヒット!
M氏宜しく・・・虹と雪のバラード.....1972年 歌:トワ・エ・モワ この年の「第22回NHK紅白歌合戦」で歌った。 
皆さんご一緒に・・・耳をすましてごらん.....NHK連続テレビ小説「藍より青く」の主題歌で脚本を担当した山田太一作詞を、音楽を担当した湯浅譲二が作・編曲を手がけている。歌:本田路津子最大のヒット曲になる。
W氏・H氏どうぞ・・・・ドナウ河のさざ波.....ルーマニアの作曲家ヨシフ・イヴァノヴィチが1880年に作曲したワルツ
Fさんとご一緒に・・・たき火.....昭和24年NHKのラジオ番組「うたのおばさん」松田トシ・安西愛子が歌い全国に!
K氏宜しく・・・野菊.....石森延男詩と下総かん一曲と相まってしみじみとした懐かしさがこみ上げてくる歌ですね。
Mさんソロで・・・希望.....「夜明けの歌・恋心」などと並び岸洋子の代表曲の一つに数えられる。
CIMG1382.JPG CIMG1383.JPG CIMG1385.JPG CIMG1386.JPG CIMG1387.JPG 
                       お母さんU.jpg 《3ステージ》 コスモス.jpg
Fさんとご一緒に・・・母さんの歌.....お母さんへの感謝の気持ちと、元気で生きいて欲しいとの思いを込めた歌。
Mさんソロで・・・忘れな草をあなたに.....江口浩司は18歳から猛勉強をし、服部 正に師事し作曲家になった方。
Tさんと皆さんで・・・童神.....天からの恵み 受けてこのほしに・・・ NHKの連続テレビ小説「ちゅらさん」の挿入歌で、詩:古謝美佐子 曲:佐原一哉さんご夫婦の初孫のお祝いで1997年に作られ歌ったものです。
K氏宜しく・・・宵待草.....詩:竹久夢二 大正2年11月に夢二の処女詩集「どんたく」にこの詩が掲載され、大正7年9月に多 忠亮が曲を付け「セノオ楽譜」により出版され大変な評判となりました。
W氏・H氏どうぞ・・・秋桜(コスモス).....山口百恵19枚目のシングル 元は「小春日和」というタイトルだったが、曲を聴いたプロデューサー(CBSソニーの酒井正利)の提案で「秋桜」に変更となった。
M氏のソロです・・・夜明けまで踊りたい.....夜明けまでも踊りながら 話しましょう 貴方の手に抱かれながら 夢を見たい・・・
W氏・H氏どうぞ・・・枯葉.....シャンソンの名曲ですが元々はフランスの「サラ・ベルナール座」で1945年初演のバレェ「ランデブー」に作られたもの、翌1946年フランス映画「夜の門」の挿入歌でイブ・モンタンが歌いヒット!
Mさん宜しく・・・人の気も知らないで.....シャンソン 1930年のフランス映画「リラ」の主題歌として使われました。
W氏どうぞ・・・黒い瞳.....輝くは汝が瞳 まどわしの黒き色・・・ ロシアの詩人イエウヘーンが1843年に男性から女性への大きな愛を綴った詩を発表し、それから40年もの後C・ゲルデリが曲を付けています。
H氏ソロでどうぞ・・・忘れな草.....作曲家クルティスが1935年名テノール歌手ミーニ・ジーリの為に書いたもの。
お別れの曲です・・・☆アモール・モナムール・マイラブ.....今宵二人で 愛を語ろう恋人よ アモール・モナムール・マイラブ・・・
CIMG1388.JPG CIMG1390.JPG CIMG1391.JPG CIMG1393.JPG CIMG1395.JPG
CIMG1403.JPG CIMG1397.JPG CIMG1398.JPG CIMG1401.JPG CIMG1402.JPG
           有難うございました。そしてお疲れ様でした。
 次回は12月3日(第1月曜日)師走の風が吹いているかも...是非お出かけ下さい。
 ◎新年は1月7日からスタートしますので宜しくお願いします。✋✋

11_112.jpg 11_112.jpg 11_112.jpg 11_112.jpg 
   歌声のお問い合わせは電話 06-6674-8046 (喫茶 エンジェル)アイラブユ-.jpg
                           歌声サロン(吉田)090-6550-0364    (深海)090-2191-1039
                     又は 090-5887-0476 (事務局)  pc mail to
luna@angel.zaq.jp  (村田)
                                                                このままクリックでOK!
.................................................................................................................................................
posted by たかピー at 20:52| Comment(0) | 住之江歌声日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

歌声喫茶 in 住之江10月

10月花写真.jpg 10月1日(月曜日)午後1:30〜 喫茶 エンジェル10月V.jpg

  昨日の日曜日は大型台風24号の日本縦断ニュースに釘付けでした! 9月初旬の台風21号に続き、非常に強い勢力の台風が1年に複数上陸する異例の状況に専門家は、太平洋高気圧の張り出し具合と台風の勢力を保つ海水温の高さを条件として今後も増加すると指摘しています。さらに台風25号(コンレイ)フィリピン東の海上に発生!週末は南西諸島に影響とか? 注意しましょうね! 今日ご参加の皆様とご一緒に、暗いニュースを暫しの間 歌で吹き飛ばしましょう、どうぞ宜しくお願いします。 オープニング曲「旅愁」.....更け行く秋の夜 旅の空の わびしき想いに・・・
                        住之江歌声10月がスタートします 🚩 GO!GO!GO!
                       秋 とんぼと月.jpg《1ステージ》 ハゼ釣り.jpg
こんにちは、台風一過で良いお天気ですが、被害は無かったでしょうか? 大丈夫なので来られたのですが・・・(笑) 秋のひと時をご一緒に過ごしましょう、先ずはこの歌から歌いましょう.....fp
★赤とんぼ.....夕焼け小焼けの 赤とんぼ・・・ 作詞:三木露風本名「操」は明治が生んだ偉大な詩人です。
★秋の子.....すすきの中の子1,2の3人 はぜ釣りしてる子3、4の5人・・・ 詩:サトウハチローは小説家・随筆家・詩人・作詞家で、その仕事はすべて言葉をそして文章を作り出す仕事をされています。
Kさん・K氏と皆さんで・・・★旅愁.....犬童の訳詩とメロディーが新しいものとして受け入れられ市民の間に広まった。
W氏宜しく・・・★秋の月.....明治23年出版「組歌四季」の一曲、滝廉太郎の代表曲春「花」・夏「納涼」・秋「月」・冬「雪」。山田耕筰がピアノパートを作曲して「秋の月」と改め、独唱用の歌曲として歌われるようになりました。
K氏・Uさんどうぞ・・・★もみじ.....秋の夕日に照る山もみじ 濃いも薄いも・・・ 輪唱しましょう、私が後から追いかけま〜す!
Yさん・Uさんどうぞ・・・★高原列車は行く.....詩:丘灯至夫は、磐梯急行電鉄(沼尻鉄道)沿線の景色を書いた。
お席でMさんです・・・★蘇州夜曲.....日本の傀儡満州国の国策映画「蘇州夜曲」の主題歌として作られました。
Tさん・Oさんどうぞ・・・★真夜中のギター.....昭和44年新人歌手:千賀かおるデビュー曲 歌謡曲⇒ポップス歌謡へ 
W氏・H氏宜しく・・・★見上げてごらん夜の星を.....1963年にリメイク「坂本 九・九重佑三子」の主演で上演された。
Sさん・Nさんどうぞ・・・★この道.....大正5年詩が発表、昭和2年山田耕筰:曲「山田耕筰童謡百曲集第三集」掲載。
K氏・Uさん宜しく・・・★里の秋.....昭和16年斉藤信夫は、童謡を慰問文のような形にしたらと思いつき書きました。
K氏どうぞ・・・★波浮の港.....野口雨情大正13年「婦人世界」の記者から伊豆大島を舞台に作詞を依頼され作る。
W氏頑張って・・・★出船.....今宵出船か お名残りおしや・・・ 曲:杉山長谷夫は作曲とヴァイオリン奏者として活躍。
CIMG1236.JPG CIMG1239.JPG CIMG1242.JPG CIMG1243.JPG CIMG1244.JPG
                        野菊U.jpg《2ステージ》 手品師.jpg
Sさんソロでどうぞ・・・★ふるさと.....いかにいます父母 つつがなしや友がき・・・ 日本を代表する唱歌といえばこの歌ですね
Mさんお願いします・・・★帰れソレントへ.....徳永政太郎訳詩は歌っているとソレントの青い空と海が見えて来る様。
H氏ソロで宜しく・・・・★アリベェデルチ・ローマ.....ラッシェル曲 イタリア語で「さようならローマ、またね」意味です。
女性の皆さんで・・・★女ひとり.....昭和40年永六輔詩・いずみたく曲・デューク・エイセス歌「にほんのうたシリーズ」
K氏・Fさんどうぞ・・・★野菊.....きれいな野菊 薄紫よ・・・下総かん一曲と相まってしみじみと懐かしさがこみ上げます。
Uさん・Oさんで・・・★この広い野原いっぱい.....小薗江圭子は詩人・童話作家エッセイスト、この詩はスケッチブックメーカーの依頼だそうですが.....愛らしくて爽やかで清楚な感じの女性が浮かんで来ます。
Sさん宜しく・・・★琵琶湖周航の歌.....クルー中に小口太郎が漕友に披露、彼等はその詩を当時彼等の間で流行していた歌の節にのせるとよく合ったので、喜んで合唱したそれがこの歌の誕生だそうです。 
Mさんどうぞ・・・★野に咲く花のように.....1983年フジテレビ系で放映、芦屋雁之助主演の「裸の大将放浪記」
N氏宜しく・・・★公園の手品師.....フランク永井は昭和33年頃に歌われていた歌を自らリメイクし昭和53年に発表。
W氏どうぞ・・・★行商人.....ハイダ・ハイダ・・・・・ハイダダ ・・・ 「重い 重い ああ重いなー」 と歌っているロシア民謡です。
H氏宜しく・・・★ロマンス.....ジュリエット・グレコが歌い「AKKディスク大賞」を受賞 ボヘミアンスターとして誕生した。
Kさんとお友達で・・・★ローレライ.....明治42年「女性唱歌」掲載後に、近藤朔風訳詩で改めて発表されました。
CIMG1246.JPG CIMG1247.JPG CIMG1248.JPG CIMG1251.JPG CIMG1254.JPG
                                                       村の鍛冶屋.jpg 《3ステージ》 収穫U.jpg
Mさんのソロから・・・★下町の太陽.....松竹映画山田洋次監督の2作目で、主演の倍賞千恵子が主題歌を歌う。
Nさん・Sさんどうぞ・・・★誰か故郷を想わざる.....曲:古賀政男は昭和を代表する偉大な作曲家。詩:西條八十
K氏どうぞ・・・★山のけむり.....NHKラジオ歌謡では、1946年5月〜1962年3月迄 外国曲や明治・大正・昭和の中期頃までに発表されていた馴染み深い曲まで加えて845曲紹介しました。
第2 Tさん・H氏どうぞ・・・★あの日に帰りたい.....泣きながらちぎった写真を・・・ 松任谷由実曲 私もお邪魔でスミマセン⤵
〃 N氏宜しく・・・★この街で.....この街で生まれこの街で育ち この街で出会いました・・・ 詩:新井満 曲:新井満・三宮麻由子
Sさん・Kさんどうぞ・・・★川の流れのように.....人生そのものを歌った詩と曲、そして歌:美空ひばりのまさに三位一体の歌となり素晴らしい贈り物にしてくれたと思います。秋元 康は作家・作詞家・エッセイスト・映画監督 
Fさんソロで宜しく・・・★村の鍛冶屋.....大正12年「関東大震災」の年に「尋常小学唱歌四」として発表されました。
N氏どうぞ・・・★灯.....ロシア民謡 シベリア抑留者らが帰国して結成した楽団カチューシャが歌詞をつけました。 
Mさんお席から・・・★恋心.....1964年「愛 それは何ものにも変えられない」と題したタンゴ調のシャンソンが発表。
皆さんご一緒に・・・★収穫の歌.....穂波はゆれるよ黄金の穂波(エイ穂波) 実りの喜び・・・ ロシア民謡 集団農場での労働歌
お別れの曲・・・★アモール・モナムール・マイラヴ.....今宵二人で 愛を語ろう恋人よ アモール・モナムール・マイラブ・・・
CIMG1256.JPG CIMG1258.JPG CIMG1260.JPG CIMG1261.JPG CIMG1263.JPG
CIMG1264.JPG CIMG1266.JPG CIMG1268.JPG CIMG1270.JPG CIMG1271.JPG
     有難うございました。そしてお疲れ様でした。
     どうぞお気をつけてお帰り下さい、来月またお目にかかりましょう
      11月5日(第1月曜日)です、お待ちしています(^O^)
          本日は本当に有難うございました。✋✋
11_117.jpg 11_117.jpg 11_117.jpg 11_117.jpg
  歌声のお問い合わせは電話 06-6674-8046 (喫茶 エンジェル)アイラブユ-.jpg
                           歌声サロン(吉田)090-6550-0364    (深海)090-2191-1039
                     又は 090-5887-0476 (事務局)  pc mail to
luna@angel.zaq.jp
  (村田)
                                                                このままクリックでOK!
.............................................................................................................................................
posted by たかピー at 20:50| Comment(0) | 住之江歌声日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

歌声喫茶 in 住之江9月

秋 彼岸花写真.jpg  9月3日(月曜日)午後1:30〜 喫茶 エンジェル 池江選手U.jpg

   今日は住之江歌声です。台風21号は非常に強い勢力を維持して四国地方から紀伊半島にかなり接近し上陸する見込みで、西日本では4日の午前から運転見合わせの路線や運転取りやめもあるようです。 2018アジア競技大会「ジャカルタ・アジア大会」は2日に閉幕、最優秀選手(MVP)に選ばれた東京・淑徳巣鴨高3年の18歳、競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)ら日本選手団約100人が3日にジャカルタから帰国しました。75個の金メダルは日本史上2番目に多かったそうです。 今日の住之江は嵐の前の静けさですか? 湿度は高いですが秋晴れです! 懐かしい方もご参加されて超満員のお客様で賑わっています。   オープニングはアイルランド民謡「庭の千草」.....ああ白菊 ああ白菊 ひとりおくれて 咲きにけり ・・・  住之江歌声9月がスタートします!GO!GO!👊
                                                  秋 赤とんぼ.jpg 《1ステージ》 よさこい節V.jpg
こんにちは、9月と言うのに暑い日が続いていますが、朝夕は少し風が涼しくなった気がします。 さて皆さんは何から秋を感じますか?今日は歌で秋を感じて頂きましょう! 先ずはこの歌から歌いましょう.....fp
★小さい秋みつけた.....とさかにハゼの葉ひとつ ハゼの葉赤くて入日色・・・ サトウハチローは原稿用紙を前に布団に腹這いになって外を見ていたら、赤くなったハゼの葉を見て言い知れぬ秋を感じてこの歌を書き上げたそうです。
★赤とんぼ.....十五で姉やは嫁に行き お里の便りも絶え果てた・・・ 幼い頃子守をしてくれた村の娘さんを思い出し詩を書く。
トップはW氏・H氏から・・・★小さな木の実.....海野洋司は、父の息子への溢れるばかりの愛情を詩っています。
Sさんどうぞ・・・★一杯のコーヒーから.....昭和14年曲:服部良一はビール党、当初タイトルは「一杯のビールから」
Kさん宜しく・・・★月見草の花.....月見草と呼ばれている花の多くは「マツヨイグサ」とのことです。
Sさん・Nさん・Mさんで・・・★赤い靴のタンゴ.....歌:奈良光枝は美貌の歌手として知られ、人気投票では常に上位。 
覚えて下さい・・・★赤とんぼ.....秋の水すみきった 流れの上の赤とんぼ 何百何千そろって上へ・・・ 文部省唱歌 昔はトンボもこの歌のように何百匹と空を舞っていたものですが、今はそんな風景も全く見られなくなりましたね!
Yさんお願いします・・・★毬藻の歌.....昭和27年「第一回コロンビアレコード全国歌謡コンクール」の課題曲に公募。
W氏・H氏宜しく・・・★忘れな草をあなたに.....日活映画「悲しき別れの歌」主題歌 吉永小百合・浜田光夫が出演
K氏・Kさんどうぞ・・・★あざみの歌.....NHK大阪放送局は「ラジオ歌謡」を昭和21年6月1日にスタートしました。
Sさん・Nさんです・・・★のばら..... ゲーテがこの詩を発表したのが1771年、シューベルトが曲をつけたのが1815年、ウエルナーは1829年に書いています。訳詩:近藤朔風は明治42年「女性唱歌」に発表しました。
Sさんソロでどうぞ・・・★南国土佐を後にして.....漁師歌「よさこい節・南国節」の後半部分の民謡調はその名残。
CIMG1077.JPG CIMG1078.JPG CIMG1079.JPG CIMG1081.JPG CIMG1082.JPG
CIMG1084.JPG CIMG1086.JPG CIMG1085.JPG CIMG1088.JPG CIMG1089.JPG
                                       海の子U.jpg 《2ステージ》  桜貝.jpg
Y氏からどうぞ・・・★憧れのハワイ航路.....戦後、夢と希望を持って生きて行こうと励ます歌は日本人を元気づけた
Sさん・Yさんです・・・★朝はどこから.....少し硬い歌詞を橋本国彦のメロディーが柔らかく爽やかに楽しくしています
Kさん宜しく・・・★北上夜曲.....宵の灯火ともす頃 こころ仄かな初恋よ・・・ 菊池 規は「北上川の囁きー今はなき可憐な乙女に捧げる歌」と題した詩を見せた、その詩に安藤睦夫は曲をつけました。名曲「北上夜曲」の誕生です。
Fさん・K氏どうぞ・・・★われは海の子.....明治43年「尋常小学校読本唱歌」掲載 宮原晃一郎「海の子」が原詩?
K氏・Uさん宜しく・・・★椰子の実.....NHK国民歌謡 詩:今中楓渓「日本よい国」 詩:島崎藤村「朝」に続く三作目。
Mさんソロでどうぞ・・・★愛の讃歌.....「エディット・ピアフ」フランスを代表するの偉大な歌手であり作詞家。小柄な身体はバイタリティーに溢れていましたが、大急ぎ47歳で人生を駆け抜けて行きました。
H氏・W氏宜しく・・・★インシャラー.....イスラムの言葉で「神の思し召しのままに」と言う意味です。詩・曲:アダモ
女性のソロです・・・★さくら貝の歌.....君恋うる胸のさざなみ・・・ 詩:土屋花情は相手の母親の反対で好きな女性と結婚できず、曲:八洲秀章は好きな女性が18歳で亡くなっています。哀愁を帯びた美しい歌を私たちに提供してくれた。
W氏・H氏どうぞ・・・★あの素晴らしい愛をもう一度.....「心と心が通わない」この詩のどこが結婚のお祝いなの??
Sさん・Yさん宜しく・・・★学生時代.....詩・曲:平岡精二は、青山学院高等部で歌:ペギー葉山の2年先輩です。
H氏お願いします・・・★カミニート.....スペイン語で「小径」アルゼンチンタンゴの名曲 歌手:ベニヤローサが作詞
Kさんどうぞ・・・★荒城の月.....詩:土井晩翠   28歳の時「帝国文学」に「紅葉青山水急流」などを発表しました。
CIMG1090.JPG CIMG1091.JPG CIMG1092.JPG CIMG1094.JPG CIMG1095.JPG
CIMG1096.JPG CIMG1098.JPG CIMG1099.JPG CIMG1100.JPG CIMG1101.JPG  
                      秋 虫.jpg 《3ステージ》 子守唄V.jpg
Fさんお願いします・・・★虫の声.....キリキリキリキリ こおろぎや・・・ 明治43年7月発行「尋常小学読本唱歌」に発表。
Yさん・Sさんです・・・★恋のバカンス.....昭和43年ザ・ピーナッツで流れると多くの歌謡曲フアンを驚かせ魅了した。
Mさんソロでどうぞ・・・★中国地方の子守歌.....ねんねこしゃっしゃりませ 寝た子の可愛さ・・・ 岡山県民謡 山田耕筰編曲
Tさん・H氏宜しく・・・★あの日に帰りたい.....松任谷由実曲 6 枚目のシングルで1975年東芝EMIからリリース。
K氏どうぞ・・・★喫茶店の片隅で.....松島詩子が歌うシャンソン調歌謡曲、昭和30年ヒットで昭和35年に再発売。
Mさん宜しく・・・★糸.....中島みゆき曲 歌詞の中の「仕合せ」というのは運命や巡り合わせという意味の言葉です
Y氏お願いします・・・★いつでも夢を.....昭和37年「橋 幸夫・吉永小百合」のデュエットでレコード大賞受賞。
W氏・H氏宜しく・・・★マンマ.....私の命のマンマ いつまでも・・・ 原詩は、息子の母への熱烈な愛を歌っています。日本語訳は娘が母へ感謝の思いを込めていつまでも元気でいて欲しいと願っています。訳詩あらかわひろし
Kさんとご一緒に・・・★長崎の鐘.....なぐさめ はげまし・・・ から長調になります。原作者「永井 隆」長崎医科大学教授の短歌「新しき朝の光のさしそむる 荒れ野に響け長崎の鐘」 に藤山一郎がメロディーを付け歌いました。
Sさんどうぞ・・・★揺籠のうた.....大正10年北原白秋36歳の時の作品です。書いた頃は小田原に住んでいました。
K氏と皆さんで・・・★家路.....遠き山に日は落ちて 星は空をちりばめぬ 今日のわざをなしおえて・・・ ドヴォルザーグ曲 堀内敬三
お別れの曲・・・★アモール・モナムール・マイラブ.....思いをこめて君よべば この胸にあふれる生命・・・
CIMG1102.JPG CIMG1103.JPG CIMG1104.JPG CIMG1105.JPG CIMG1106.JPG
CIMG1107.JPG CIMG1108.JPG CIMG1109.JPG  秋 動物.jpg 秋 落葉.jpg 

   有難うございました。リクエストが沢山残ってしまいました、次回に歌いましょう!
    10月1日(第1月曜日)です (^O^)
   明日は台風に気をつけて下さい、では来月お会いしましょう。
         今日はどうも有難うございました ✋✋
10_099.jpg 10_099.jpg 10_099.jpg 10_099.jpg
   
     歌声のお問い合わせは電話 06-6674-8046 (喫茶 エンジェル)
                           歌声サロン(吉田)090-6550-0364    (深海)090-2191-1039
                     又は 090-5887-0476 (事務局)  pc mail to
luna@angel.zaq.jp  (村田)アイラブユ-.jpg
                                                                このままクリックでOK!
.............................................................................................................................................
posted by たかピー at 20:24| Comment(0) | 住之江歌声日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする