ようこそ歌ごえサロンへ!歌ごえメンバーの「仲間の輪」ブログパートU

2020年10月03日

歌声サロン in 一心寺10月@

9月の花W.jpg 10月3日(土曜日)午後1:30〜 南会所 お月見 写真.jpg

  今年の「中秋の名月」十五夜は10/1日で月齢は14.7、満月は10/2日の午前6時だそうです。 夏が過ぎ涼しくなり始めたこの時期に、満月の夜を見て楽しむのは日本の秋の風物詩ともいえますね! 私も昨夜ベランダから空を見上げると、まん丸なお月様が夜空にぽっかり浮かんで本当に綺麗でした。皆さんも見られた事でしょうね! 日本はお月見団子を作ったり、ススキを飾ったりとお月見ならではの楽しみがあります。 また畑ではお芋の収穫時期でもあり、お芋をお供えする地域があって無事収穫が済んだ感謝の気持ちをこめて「芋名月」とも呼んでいるそうです。 今週2回目の歌声にも関わらず前回より沢山のご参加を有難うございます。土曜日の午後のひと時をご一緒に歌いましょう、皆さん宜しくお願いします。 佐藤さんのピアノ演奏は「学生時代」.....素晴らしいあの頃 学生時代・・・ から
           一心寺歌声10月@がスタートします 👊 Let's go!!
                       ぼくのひこうき.jpg  《1ステージ》 野菊.jpg
こんにちは、10月になりました。 皆さんはお月見されましたか? 昨日・一昨日とくっきりと綺麗でしたね! もともとのお供えは、関東がお団子で関西が里芋だそうです。早速この歌から始めましょう.....fp
学生時代.....ローソクの灯に輝く 十字架を見つめて 白い指を組みながら うつむいていた友・・・ 歌:ペギー葉山 昭和39年
N氏とご一緒に・・・仕事の歌.....かなしい歌 うれしい歌 たくさん聞いた中で・・・ 歌:ダークダックス原曲「ドゥビヌーシカ」  
U氏・Oさんどうぞ・・・小さい部屋.....何を悩んでいるのでしょうか、乙女の様子を優しく見守っています。
3人からです・・・ヘッドライト・テールライト..... NHKドキュメンタリー番組「プロジェクトX」のエンディング曲
Kさん・Y氏どうぞ・・・ぼくのひこうき.....名古屋青年合唱団の浅野義高が闘病中、悪戦苦闘のすえ作られた。
皆さんご一緒に・・・旅愁.....林 芙美子の小説「放浪記」の冒頭にこの歌詞が引用されました。訳詩:犬童球渓
K氏とOさんで・・・ろくでなし.....原題をそのまま訳すと「不良少年」という意味 アダモ曲1964年ベルギーで発表
U氏宜しく・・・ケンタッキーのわが家.....原題は「My Old Kentucky home」作詞・作曲スティーブン・フォスター  
N氏どうぞ・・・見上げてごらん夜の星を.....1960年初演のミュージカルの劇中主題歌 詩:永六輔 曲:いずみたく。
M氏とご一緒に・・・野菊.....昭和17年「初等科音楽一」掲載の小学三年生用唱歌。懐かしさがこみ上げてくる歌
Oさんどうぞ・・・はるかな友に.....1907年に早稲田大学の学生による男性合唱団として、校歌「都の西北」を歌うことを目的として創設されました。作詞・作曲磯部 淑 明るい星の夜は遥かな空に 思い出すのはお前のこと・・・
                                                    お月見X.png  《2ステージ》  コーヒー.jpg
M氏宜しく・・・街の灯り.....TBS系テレビドラマ「時間ですよ」の挿入歌として使用された。歌:堺 正章 
Y氏とご一緒に・・・慕情.....中島みゆき曲 テレビ朝日「帯ドラマ劇場・やすらぎの郷」の主題歌として製作された
K氏と皆さん・・・想い出の渚.....ザ・ワイルドワンズのデビューシングル 詩:鳥塚繁樹 曲:加瀬邦彦
ご一緒にどうぞ・・・お母さんおぼえていますか.....歌:新井満 詩:北原節子 曲:高田信一 まだアパートの一部屋
Y氏宜しく・・・とても大きな月だから.....海の魚は寝られない 青い光の藻のかげで ハゼとコガニが・・・ 歌:フランク永井
Mさんと皆さんで・・・ウィーンわが夢の街.....1914年カーレンベルクの丘から下りて来た時、夕日に満ちたウィーンの景色を眺めていて歌が浮かび作曲したのはルドルフ・ジーツィンスキーで、ウィーンの作曲家・文筆家です。
Kさんとご一緒に・・・谷間の灯.....アメリカ民謡 1932年アメリカ人 j・ライオンズ・S・C・ハートが作詞・作曲。  
Oさんと皆さん・・・夜明けまで踊りたい.....ミュージカル「マイ・フェア・レディ」なかにし礼訳詞・フレデリックロー曲 
O氏・皆さん宜しく・・・秋の月.....明治23年出版「組歌四季」に収められた一曲、滝廉太郎の代表曲。
OさんとKさん・・・一杯のコーヒーから.....曲:服部良一はビール党で当初のタイトルは「一杯のビールから」でした。お酒の飲めない藤浦 洸はコーヒーに直したという裏話が残っている。曲調はジャズ調のモダンな歌です。
Oさんと皆さん・・・上を向いて歩こう.....世界70カ国で1300万枚もの大ヒットとなり日本の近代音楽史上稀有。
                       枯れ葉V.jpg 《3ステージ》 ベンチU.jpg
Y氏ご一緒に・・・あなたが夜明けをつげる子供たち.....詩:笠木 透は、溢れるような子供たちへの愛と、子供たちには素晴らしい明るい未来があるのですと詩っています。曲:細田 登 素足で大地をかけぬける子供たち・・・
Fさんの大好きな歌・・・死んだ男の残したものは.....日本でも「ベトナムの平和を願う市民の集会」のためのテーマソングをと谷川俊太郎が詩を書き、友人の武満 徹に曲を付けてくれと頼み一晩で書かれました。
Mさんどうぞ・・・いつかある日.....日本人で世界的登山家の西前四郎:曲友に贈る俺のハンマー ピトンの歌声を聞かせ・・・
Oさんとご一緒に・・・遠くへ行きたい.....NHK「夢であいましょう」 昭和37年ジェリー藤尾が始めて歌い大ヒット!
FさんとSさんで・・・故郷の廃家.....明治40年発表「中等教育唱歌集」掲載の33曲の一つで、すべてが輸入曲。
O氏どうぞ・・・枯葉.....シャンソンの名曲、フランスの「サラ・ベルナール座」初演のバレェ「ランデブー」に作られた
K氏お待たせです・・・秋の子.....サトウハチローは小説家・随筆家・詩人・作詞家ですべての言葉・文章を作り出す
Kさんどうぞ・・・蘇州夜曲.....寒山寺は黄色い土壁で塗られた塀で囲まれた それほど大きくはないお寺です。
前回のリクエスト・・・川岸のベンチで.....ロシア民謡や歌曲に多い短調ですが、二拍子の明るく現代的な歌ですね
 〃 皆さんどうぞ・・・ふるさと.....兎追いしかの山・・・ 田舎のある人も都会生れの人も、歌うと自然が感じられます。
お別れの曲・・・☆アモール・モナムール・マイラブ.....ジャズ調のリズムにのってとても素敵に歌って下さいました。
CIMG3666.JPG CIMG3668.JPG CIMG3669.JPG CIMG3671.JPG CIMG3672.JPG
CIMG3673.JPG CIMG3674.JPG CIMG3682.JPG CIMG3685.JPG CIMG3686.JPG

    有難うございました。次回Aは10月18日(第3日曜日)です。
   コロナもまだ終息してませんので、くれぐれも 手洗い・うがい・消毒 を忘れない様にね!
   次回にまたお会いしましょう。今日は本当に有難うございました✋✋     たかピー

10_087.jpg 10_087.jpg 10_087.jpg 10_087.jpg
posted by たかピー at 19:46| Comment(0) | 一心寺歌声日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

歌声サロン in 一心寺9月A

 キバナコスモスW.jpg 9月27日(日曜日)午後1:30〜 南会所 藤田敏雄V.jpg
         (キバナコスモス)
  劇作家・演出家・作詞者の藤田敏雄氏が24日に心不全の為 92歳でお亡くなりになりました。日本の創作ミュージカルの草分け的存在で、「おれたちは天使じゃない」「歌麿」などの制作に携わり、作詞家として私達の歌集にもあります「若者たち」「希望」 などのヒット曲を手掛けられました。テレビ朝日の音楽番組「題名のない音楽会」の立ち上げから30年以上、企画構成を担当しました謹んでご冥福をお祈りいたします。 さて秋分の日も過ぎて人通りが少し淋しい感じがしますが、先週に続いての歌声にご参加頂きまして有難うございます。午後のひと時を歌声で和んで頂けたら嬉しいです。 今日は佐藤さんのピアノ伴奏で、オープニング曲は「希望」.....私の旅は 終わりのない旅・・・
                        では  一心寺歌声9月Aがスタートします 👊  Let's go!!
                     赤とんぼ.png  《1ステージ》 手品師W.jpg
こんにちは、暫くですね(笑) 今週の土曜日もありますが・・・(笑) 今日は最初に、作詞者の藤田敏雄氏が亡くなられましたので、故人を偲んで歌集に載っています「希望」を歌いましょう.....fp
★希望.....希望と言う名のあなたを訪ねて 遠い国へとまた汽車に乗る・・・ 作詩:藤田敏雄 作曲:いずみたく 歌:岸洋子
★赤とんぼ.....夕焼け小焼けの 赤とんぼ・・・ 夕暮れ時に赤とんぼを見て、昔を懐かしく思い出す郷愁にあふれた歌。
K氏からどうぞ・・・★秋の子.....淋しい感じとともに、懐かしい風景を思い出させる四拍子の歌になっています。
N氏とご一緒に・・・★灯.....ロシア民謡 シベリア抑留者らが帰国して結成した、楽団カチューシャが歌詞をつけた。
皆さんどうぞ・・・★公園の手品師.....昭和33年頃に歌われていた歌をリメイクして昭和53年に発表しました。
Bさん宜しく・・・★真夜中のギター.....オリコン年間TOP50にも入っていなかったが、深く静かに浸透していった。
T氏・Kさんどうぞ・・・★林檎の木の下で.....曲:アルスタインは通っていた学校の古い林檎の木から想を得た。
第2 K氏どうぞ・・・★みをつくしの鐘.....みをつくしの鐘は 鐘は鐘は 大阪の母の母の母の 心は10時に鳴り渡る・・・ 子どもの健やかな成長を願う母の心は、新庁舎完成後の今も旧庁舎塔屋のモニュメントとともに受け継がれています。
 〃 N氏宜しく・・・★小さな日記.....フォー・セインツ曲 成蹊高校の文化祭で結成されたフォークグループ。
 〃 Y氏どうぞ・・・★さわると秋がさびしがる.....ぽろんとこぼれた栗の実の いがの上にも秋がいる・・・ サトウハチロー詩
 〃 皆さんで・・・★まっ赤な秋.....まっ赤だなツタの葉っぱが まっ赤だな・・・ 昭和38年NHK「みんなのうた」で放送。
                    ブランコU.jpg 《2ステージ》 森の教会.jpg
リクエストの方どうぞ・・・★北上夜曲.....昭和20年初めから岩手盛岡、宮城仙台辺りから自然に歌われていた。
Y氏宜しく・・・★童神(わらびがみ).....詩:古謝美佐子 曲:佐原一哉ご夫婦が初孫のお祝いで作られました。
O氏どうぞ・・・★さくら貝の歌.....詩:土屋花情 曲:八洲秀章 の二人は共に悲しい恋の思い出をもっていました。
U氏宜しく・・・★久しき昔.....津川主一は外国曲の訳詞者として有名ですが、合唱の指導者で作曲・編曲も!
O氏どうぞ・・・★遥かな友に.....音楽の教科書にも掲載されるなど子供達にも歌われる素敵な歌ですね。
Bさん・Yさんどうぞ・・・★白いブランコ.....ビリーバンバンは菅原孝・進の兄弟2人によるフォークデュオ。
Y氏と皆さんで・・・★インシャラー.....イスラムの言葉で「神の思し召しのままに」と言う意味です。
Kさんどうぞ・・・★セ・シ・ボン.....あの日のあの時あの街の あの甘い風のように・・・ それは素敵だ、素晴らしいの意味
皆さんご一緒に・・・★埴生の宿.....イングランド民謡 曲:ビショップ 訳詩:里見 義 土壁を塗った貧しい小屋の意   
T氏どうぞ・・・★エルベ河.....やっと戦争が終わった喜びと、希望にあふれる未来を歌っています。 
K氏と皆さんで・・・★世界をつなげ花の輪に.....箕作秋吉はクラシック作曲家として活躍、管弦楽「芭蕉紀行集」
U氏お願いします・・・★森の教会.....谷間のもりかげの愛らしい教会 過ぎし日の想い出 あらたなあの教会・・・ 訳詩:津川主一
                                                    山の人気者.jpg《3ステージ》  路面電車U.jpg
第2 M氏・S氏どうぞ・・・★高原の宿.....林伊佐雄は戦後も1950年「ダンスパーティーの夜」、1954年「真室川ブギ」、1955年「高原の宿」、1957年「そっとこのまま」を大ヒットさせ戦前〜戦中以上の活躍をした。
 〃 ご一緒に・・・★赤とんぼ.....秋の水澄み切った 流れの上の赤とんぼ 何百何千揃って・・・ 晴れ上がって澄みきった気持ちのいい秋の空気がよく感じられ、とても美しい歌です。昭和7年尋常小学校唱歌第三学年用
 〃 M氏・K氏どうぞ・・・★たそがれの夢.....歌:伊藤久男は、かなり気に入って晩年まで愛唱していた。
皆さんご一緒に・・・★旅人よ.....加山雄三曲 ペンネームは團 伊球磨と山田耕筰を足して2で割った弾 厚作。
Kさん・M氏どうぞ・・・★花言葉の唄.....昭和11年に封切られた新興キネマ制作の映画「初恋日記」の主題歌。
K氏とご一緒に・・・★山の人気者.....日本では1933年中野忠晴とコロンビア・リズムと言うグループが歌ってヒット
ご一緒にどうぞ・・・★シュワジペチカ.....ポーランドの狩人は娘たちの憧れの的でこの歌が歌われるようになった。
Kさんと皆さんで・・・★山蔭の道.....叙情歌が好きだった若原一郎:歌は、ゆっくりと徐々にヒットして行きました。
Kさんとご一緒に・・・★何と言う胸の痛みだろうか.....何度歌っても胸が熱くなります。世界中から争いを無くしたい。
K氏・Y氏宜しく・・・★街.....1975年京都の町々を路面電車がゆったりと走り、人の心もゆったりとしていました。
Fさん・Sさんです・・・★故郷の空.....スコットランド民謡 メロディがほぼヨナ抜き音階で、非常に覚えやすい歌です。
ご一緒にどうぞ・・・★里の秋.....静かな静かな里の秋・・・ 昭和23年 詩:斎藤信夫 曲:海沼實 童謡歌手:川田正子
皆さんご一緒に・・・★四季の雨.....大正3年「尋常小学唱歌」第六学年用に掲載された文部省唱歌。
ラスト曲・・・★アモール・モナムール・マイラブ.....今宵二人で 愛を語ろう恋人よ アモール・モナムール・マイラブ・・
CIMG3641.JPG CIMG3642.JPG CIMG3643.JPG CIMG3644.JPG CIMG3645.JPG
CIMG3649.JPG CIMG3652.JPG CIMG3656.JPG CIMG3657.JPG CIMG3662.JPG

  有難うございました。次回は10月3日(土曜日)です。
  帰られましたら 必ず うがい・手洗いを忘れないで下さい。
  今週末に又 歌声ですが、どうぞお出かけ下さい、お待ちしています✋✋    たかピー 

10_099.jpg 10_099.jpg 10_099.jpg 10_099.jpg
音符ト音記号U.jpgそよ風のメロディー 虹色のハーモニー  爽やかスマイルをお届けします  音符ヘ音記号.jpg
                                                    歌声サロン
    歌声依頼の連絡先は090-2191-1039(深海)ふかみ 📩 fkatz@hcn.zaq.ne.jp 
                                    《事務局》  090-5887-0476(村田)          luna@angel.zaq.jp 
                                                                                                              このままクリックでOK!
...............................................................................................................................................
posted by たかピー at 20:45| Comment(0) | 一心寺歌声日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

歌声サロン in 一心寺9月@

彼岸花 三色.jpg  9月20日(第3日曜日)午後1:30〜 南会所赤とんぼY.png

  昨日から四連休です。 昨日は彼岸の入りで明日21日は敬老の日、明後日22日はお彼岸の中日ですね! 彼岸花は真っ赤だけと思っていましたが、白色・黄色・ピンク色・オレンジ色などがあって今が開花のピークでしょうか?とても綺麗に咲いています。 連休2日目の今日は新型コロナウイルス感染予防の為に中止していましたが、約1ヶ月半振りの歌声喫茶です。一心寺さんからの「最新感染防止ガイドライン」で密を守りながら、マスクやフェースシールドorマウスシールド着用ですが、午後のひと時をご一緒に楽しんで頂けたら嬉しいです。 緑さんのオープニング演奏は歌集にはありませんが、懐かしい曲・・・銀座の カンカン娘.....時計ながめて ソワソワニヤニヤ・・・ から 
           一心寺歌声9月@がスタートします 👊 Let's go!!
                      ハゼの葉.jpg《1ステージ》  もず.jpg
こんにちは、暫くのご無沙汰でした。コロナもまだ油断は出来ません、ガイドラインに基づいての再開です。暑さは少しマシになりましたね!自宅の庭にも彼岸花が咲いていました。では元気に秋の歌からです.....fp
小さい秋みつけた.....誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが見つけた・・・ の繰り返し部分が非常に印象的です。
O氏・K氏どうぞ・・・小さな木の実.....海野洋司は長男の誕生日に書いていた詩のフレーズをヒントに書いた。
N氏・Sさん宜しく・・・少年時代.....夏が過ぎさった少年時代の虚無感というものを「風あざみ」で表現している
Sさんどうぞ・・・秋の夜半.....ドイツ・オイティンに1786年に生まれたウエーバー35歳の時に作曲した。
Yさんとご一緒に・・・秋桜(コスモス).....さだまさし詩曲 歌:山口百恵 元は「小春日和」というタイトルでしたが、曲を聴いたプロデューサー(CBSソニー)酒井政利のの提案で「秋桜」に変更となったそうです。
T/KさんUさんどうぞ・・・秋の子.....昭和39年うたのおねえさんの中川順子がNHK「みんなのうた」で歌った。
Bさんとご一緒に・・・学生時代.....若き乙女の平和で幸せな学生時代を大らかに、そして少しセンチにペギー葉山
OさんとK氏で・・・ラ・スパニョーラ.....イタリア娘の意でイタリア人が作ったイタリア人の歌です。
でどうぞ・・・思い出のグリーングラス.....詩曲:プットマンはアラバマ州プリストン生れでシンガーソングライター
皆さんご一緒に・・・誰もいない海.....1967年NETテレビ木島則夫モーニングショーでジェリー伊藤が歌うために作られましたが、1970年東芝音楽出版がトワ・エ・モアの歌唱で発表し大ヒッする。
                    9月花X.jpg  《2ステージ》椰子の実.jpg
Aさん・U氏から・・・里の秋.....昭和16年 斉藤信夫は、当時小学校の教師をしながら童謡を書いていました。
Kさんどうぞ・・・ロマンス.....ともよ聞きたまえこの愛の歌 とわの幸せを奏でる歌を・・・ 日本では高 英男など多く歌われる。
Y氏とお友達で・・・時代.....中島みゆきの2作目のシングルとしてキャニオン・ レコードからリリースされた。
第2 Bさん・Y氏・U氏で・・・にじ.....童謡 悲しいこと辛い事があっても、明日はきっといい日になると前向きな歌。
 〃 K氏とN氏で・・・われら愛す.....昭和28年壽屋社長が公募し、君が代に代わる国民歌とすべく作られた曲。 
 〃 U氏とご一緒に・・・耳をすましてごらん.....NHK連続テレビ小説「藍より青く」の主題歌 歌:本田路津子
 〃 M氏とKさんで・・・喫茶店の片隅で.....シャンソン調歌謡 昭和30年詩:矢野亮 曲:中野忠晴 歌:松島詩子
 〃 N氏どうぞ・・・湖畔の宿.....昭和15年 高峰三枝子が歌いヒットした歌謡曲 詩:佐藤惣之助
 〃 M氏宜しく・・・火の国旅情.....2006年に他界した九州のエンターテイナーばってん荒川の九州のまつり歌
Kさん・O氏どうぞ・・・鈴懸の径.....昭和17年に作られ曲:灰田有紀彦の弟で灰田勝彦が歌ってヒットしました。
FさんとSさんで・・・椰子の実.....昭和11年スタートNHK国民歌謡 詩:島崎藤村 曲:大中寅二 歌:東海林太郎 
皆さん前で・・・山小舎の灯.....詩曲:米山正夫は美空ひばりなど多くの歌手のヒット曲を作って来られました。
前でご一緒に・・・荒城の月..... 土井晩翠・瀧廉太郎による歌曲、哀調をおびたメロディと七五調の歌詞が特徴で、西洋音楽のメロディが融合した楽曲。今私達が歌っているのは山田耕筰が編曲されたもの。
Kさんどうぞ・・・埴生の宿.....イングランド民謡 日本では1889年「中等唱歌集」に里見 義訳詩で掲載。
                       浜辺U.jpg   《3ステージ》 赤とんぼX.jpg
Uさん・Nさんどうぞ・・・赤とんぼ.....三木露風は5歳の時両親が離婚、以降母親とは生き別れで祖父に養育される事になったが、実際は子守り奉公の姐やに育てられその時の印象を歌にしたものです。
Hさん宜しく・・・浜辺の歌.....大正5年発表。初期に作詞された歌詞で文語調ですので若干難解な表現です。
O氏と皆さんで・・・希望.....1968年岸洋子がタクシーの中でラジオから流れてくるこの歌にひきつけられ、曲の題名と資料を集めて歌わせてもらうようお願いし歌ったものだったそうです。詩:藤田敏雄 曲:いずみたく
第2皆さんどうぞ・・・この街で.....「ことばのちから」が生んだ歌で、松山市内の書店で2000枚を限定販売し完売。
 〃Mさんから・・・海よおしえて.....海よおしえてくれないか青く澄んでいるその訳を 今日も生まれた悲しみの 黒い流れ・・・ 岸洋子
Kさん・N氏どうぞ・・・二つの岸.....ロシア民謡 川岸の向こうとこちらは永遠に交わらない悲しい恋を歌っています
N氏とご一緒に・・・山のロザリア.....丘 灯至夫:詩は三拍子のメロディーと一体となってとても素敵な歌です。
Mさんどうぞ・・・山への別れ.....19世紀頃歌われたスイス民謡 山や森の美しさ自然の大きさに感動しながら歌う
U氏宜しく・・・懐かしのバージニア.....いざ行かん懐かしの 夢に憧がるヴァージニア 鳥の歌に綿の花 白く匂う・・・ 堀内敬三訳
OさんとK氏で・・・果てもなき荒野原.....人への深い愛を歌っている悲しく綺麗な旋律に一層の感動を与えてくれる
ラスト曲は・・・☆アモール・モナムール・マイラヴ.....最後は立って思い切り想いを込めて歌いましょう ♪ ♪ ♪
CIMG3629.JPG CIMG3610.JPG CIMG3613.JPG CIMG3614.JPG CIMG3617.JPG
CIMG3618.JPG CIMG3619.JPG CIMG3621.JPG CIMG3623.JPG CIMG3627.JPG

   有難うございました。 久し振りに歌って時間の過ぎるのがとても早かった気がします。
   出口は密にならない様に二箇所空いていますので、ゆっくり お帰り下さい!
  次回A27日(次の日曜日) 次々回10月3日@ (来週の土曜日)です。
    続きますが、どうぞお出かけ下さい、お待ちしています。 ✋✋        たかピー

10_043.jpg 10_043.jpg 10_043.jpg 10_043.jpg
posted by たかピー at 21:09| Comment(0) | 一心寺歌声日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする