ようこそ歌ごえサロンへ!歌ごえメンバーの「仲間の輪」ブログパートU

2020年10月03日

歌声サロン in 一心寺10月@

9月の花W.jpg 10月3日(土曜日)午後1:30〜 南会所 お月見 写真.jpg

  今年の「中秋の名月」十五夜は10/1日で月齢は14.7、満月は10/2日の午前6時だそうです。 夏が過ぎ涼しくなり始めたこの時期に、満月の夜を見て楽しむのは日本の秋の風物詩ともいえますね! 私も昨夜ベランダから空を見上げると、まん丸なお月様が夜空にぽっかり浮かんで本当に綺麗でした。皆さんも見られた事でしょうね! 日本はお月見団子を作ったり、ススキを飾ったりとお月見ならではの楽しみがあります。 また畑ではお芋の収穫時期でもあり、お芋をお供えする地域があって無事収穫が済んだ感謝の気持ちをこめて「芋名月」とも呼んでいるそうです。 今週2回目の歌声にも関わらず前回より沢山のご参加を有難うございます。土曜日の午後のひと時をご一緒に歌いましょう、皆さん宜しくお願いします。 佐藤さんのピアノ演奏は「学生時代」.....素晴らしいあの頃 学生時代・・・ から
           一心寺歌声10月@がスタートします 👊 Let's go!!
                       ぼくのひこうき.jpg  《1ステージ》 野菊.jpg
こんにちは、10月になりました。 皆さんはお月見されましたか? 昨日・一昨日とくっきりと綺麗でしたね! もともとのお供えは、関東がお団子で関西が里芋だそうです。早速この歌から始めましょう.....fp
学生時代.....ローソクの灯に輝く 十字架を見つめて 白い指を組みながら うつむいていた友・・・ 歌:ペギー葉山 昭和39年
N氏とご一緒に・・・仕事の歌.....かなしい歌 うれしい歌 たくさん聞いた中で・・・ 歌:ダークダックス原曲「ドゥビヌーシカ」  
U氏・Oさんどうぞ・・・小さい部屋.....何を悩んでいるのでしょうか、乙女の様子を優しく見守っています。
3人からです・・・ヘッドライト・テールライト..... NHKドキュメンタリー番組「プロジェクトX」のエンディング曲
Kさん・Y氏どうぞ・・・ぼくのひこうき.....名古屋青年合唱団の浅野義高が闘病中、悪戦苦闘のすえ作られた。
皆さんご一緒に・・・旅愁.....林 芙美子の小説「放浪記」の冒頭にこの歌詞が引用されました。訳詩:犬童球渓
K氏とOさんで・・・ろくでなし.....原題をそのまま訳すと「不良少年」という意味 アダモ曲1964年ベルギーで発表
U氏宜しく・・・ケンタッキーのわが家.....原題は「My Old Kentucky home」作詞・作曲スティーブン・フォスター  
N氏どうぞ・・・見上げてごらん夜の星を.....1960年初演のミュージカルの劇中主題歌 詩:永六輔 曲:いずみたく。
M氏とご一緒に・・・野菊.....昭和17年「初等科音楽一」掲載の小学三年生用唱歌。懐かしさがこみ上げてくる歌
Oさんどうぞ・・・はるかな友に.....1907年に早稲田大学の学生による男性合唱団として、校歌「都の西北」を歌うことを目的として創設されました。作詞・作曲磯部 淑 明るい星の夜は遥かな空に 思い出すのはお前のこと・・・
                                                    お月見X.png  《2ステージ》  コーヒー.jpg
M氏宜しく・・・街の灯り.....TBS系テレビドラマ「時間ですよ」の挿入歌として使用された。歌:堺 正章 
Y氏とご一緒に・・・慕情.....中島みゆき曲 テレビ朝日「帯ドラマ劇場・やすらぎの郷」の主題歌として製作された
K氏と皆さん・・・想い出の渚.....ザ・ワイルドワンズのデビューシングル 詩:鳥塚繁樹 曲:加瀬邦彦
ご一緒にどうぞ・・・お母さんおぼえていますか.....歌:新井満 詩:北原節子 曲:高田信一 まだアパートの一部屋
Y氏宜しく・・・とても大きな月だから.....海の魚は寝られない 青い光の藻のかげで ハゼとコガニが・・・ 歌:フランク永井
Mさんと皆さんで・・・ウィーンわが夢の街.....1914年カーレンベルクの丘から下りて来た時、夕日に満ちたウィーンの景色を眺めていて歌が浮かび作曲したのはルドルフ・ジーツィンスキーで、ウィーンの作曲家・文筆家です。
Kさんとご一緒に・・・谷間の灯.....アメリカ民謡 1932年アメリカ人 j・ライオンズ・S・C・ハートが作詞・作曲。  
Oさんと皆さん・・・夜明けまで踊りたい.....ミュージカル「マイ・フェア・レディ」なかにし礼訳詞・フレデリックロー曲 
O氏・皆さん宜しく・・・秋の月.....明治23年出版「組歌四季」に収められた一曲、滝廉太郎の代表曲。
OさんとKさん・・・一杯のコーヒーから.....曲:服部良一はビール党で当初のタイトルは「一杯のビールから」でした。お酒の飲めない藤浦 洸はコーヒーに直したという裏話が残っている。曲調はジャズ調のモダンな歌です。
Oさんと皆さん・・・上を向いて歩こう.....世界70カ国で1300万枚もの大ヒットとなり日本の近代音楽史上稀有。
                       枯れ葉V.jpg 《3ステージ》 ベンチU.jpg
Y氏ご一緒に・・・あなたが夜明けをつげる子供たち.....詩:笠木 透は、溢れるような子供たちへの愛と、子供たちには素晴らしい明るい未来があるのですと詩っています。曲:細田 登 素足で大地をかけぬける子供たち・・・
Fさんの大好きな歌・・・死んだ男の残したものは.....日本でも「ベトナムの平和を願う市民の集会」のためのテーマソングをと谷川俊太郎が詩を書き、友人の武満 徹に曲を付けてくれと頼み一晩で書かれました。
Mさんどうぞ・・・いつかある日.....日本人で世界的登山家の西前四郎:曲友に贈る俺のハンマー ピトンの歌声を聞かせ・・・
Oさんとご一緒に・・・遠くへ行きたい.....NHK「夢であいましょう」 昭和37年ジェリー藤尾が始めて歌い大ヒット!
FさんとSさんで・・・故郷の廃家.....明治40年発表「中等教育唱歌集」掲載の33曲の一つで、すべてが輸入曲。
O氏どうぞ・・・枯葉.....シャンソンの名曲、フランスの「サラ・ベルナール座」初演のバレェ「ランデブー」に作られた
K氏お待たせです・・・秋の子.....サトウハチローは小説家・随筆家・詩人・作詞家ですべての言葉・文章を作り出す
Kさんどうぞ・・・蘇州夜曲.....寒山寺は黄色い土壁で塗られた塀で囲まれた それほど大きくはないお寺です。
前回のリクエスト・・・川岸のベンチで.....ロシア民謡や歌曲に多い短調ですが、二拍子の明るく現代的な歌ですね
 〃 皆さんどうぞ・・・ふるさと.....兎追いしかの山・・・ 田舎のある人も都会生れの人も、歌うと自然が感じられます。
お別れの曲・・・☆アモール・モナムール・マイラブ.....ジャズ調のリズムにのってとても素敵に歌って下さいました。
CIMG3666.JPG CIMG3668.JPG CIMG3669.JPG CIMG3671.JPG CIMG3672.JPG
CIMG3673.JPG CIMG3674.JPG CIMG3682.JPG CIMG3685.JPG CIMG3686.JPG

    有難うございました。次回Aは10月18日(第3日曜日)です。
   コロナもまだ終息してませんので、くれぐれも 手洗い・うがい・消毒 を忘れない様にね!
   次回にまたお会いしましょう。今日は本当に有難うございました✋✋     たかピー

10_087.jpg 10_087.jpg 10_087.jpg 10_087.jpg
posted by たかピー at 19:46| Comment(0) | 一心寺歌声日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: