ようこそ歌ごえサロンへ!歌ごえメンバーの「仲間の輪」ブログパートU

2019年12月29日

歌声サロン in 一心寺12月A

冬の花U.jpg 12月29日(日曜日)午後1:30〜 南会所 歓びの歌.jpg
                                                                        (歓びの歌)
  今朝早く霜が降りていいたそうで風が冷たい朝でしたが、徐々に青空が広がって太陽が照ってきました。今年最後の年忘れ歌声日です。 年末の天気予報では、大晦日から元日にかけて日本付近は冬型の気圧配置が強まり、日本海側は雪が..... 又、太平洋側も厳しい寒さになるそうです。  年末のご多忙な日ですが、早い時間から大勢のお客様が来て下さいました。今日初めてと言われる方も数人おられます、皆さん寒い中を有難うございます。大きな声で寒さを吹き飛ばしましょう  ピアノは緑さんでオープニング曲「北の宿」から  
            一心寺歌声12月Aがスタートします 👊 Let's go!
                     寒い朝U.jpg 《1ステージ》 白銀は招くよU.jpg
いよいよ今年の残りは今日を入れて3日、令和元年の締め括り歌声です、が1週間後にはもう歌い始めですけれど(笑) 元気に1年を終える事に感謝しながら歌い納めをしましょう。 先ずはこの歌から.....fp
★四季の歌.....人から人へと口伝えによって広まり、日本で国民的人気の楽曲となった荒木の作詞家デビュー作。
3名からのリクエスト・・・★寒い朝.....北風吹きぬく寒い朝も若い小鳥は飛び立つ空へ・・・ 映画「赤い蕾と白い花」の主題歌
K氏・Oさんどうぞ・・・★白銀は招くよ.....西ドイツの映画「白銀は招くよ」主題歌、トニー・ザイラー が歌って大ヒット!
Fさんとご一緒に・・・★母さんの歌.....詩曲:窪田 聡は昭和31年うたごえ運動の機関紙「うたごえ新聞」に発表する。
Mさんからです・・・★北風小僧の寒太郎.....昭和56年NHK12月〜1月「みんなのうた」に、堺 正章の歌で紹介。
Oさんソロで宜しく・・・★雪が降る.....この歌は「アダモ」が売れる前から書き溜めていた200曲の作品の内の一つ
皆さんご一緒に・・・★銀色の道.....作詞家・劇作家・番組構成作家など多彩な才能を発揮された塚田 茂:作詞
O氏宜しく・・・★希望.....いう名のあなたを訪ねて 遠い国へとまた汽車に乗る・・・ 1970年歌:岸洋子日本レコード大賞歌唱賞
Bさん・Mさんどうぞ・・・★時代.....中島みゆき曲で2作目のシングルとしてキャニオン・レコードからリリースされ、卒業式で歌われたり音楽の教科書に掲載されたりして親しまれ、2007年「日本の歌百選」に選ばれる。
皆さん前にどうぞ・・・★心の窓に灯を.....昭和34年 NHKの高橋圭三アナが司会をしていた「歌の広場」で発表
Oさん・Mさんから・・・★荒城の月.....東京音楽学校から中学生唱歌を依頼された土井晩翠は、会津若松の鶴ヶ城の荒れ果てた跡を見、また故郷の青葉城のイメージを組み合わせて作られたそうです。
CIMG3100.JPG CIMG3102.JPG CIMG3103.JPG CIMG3104.JPG CIMG3105.JPG
CIMG3106.JPG CIMG3108.JPG CIMG3111.JPG CIMG3112.JPG CIMG3113.JPG
                          冬の夜.jpg 《2ステージ》 虹U.jpg
Mさんとご一緒に・・・★冬の星座.....原題は「Mollie darling モリー・ダーリン」 ケンタッキー出身W・S・ヘイス詩曲
🚩皆んなで歌いましょう、女性の皆さんとM氏どうぞ・・・★星の界.....1868年に「慈しみ深き友なるイエス」で発表。
🚩それでは男性の方前に集合です・・・★冬の夜.....明治45年「尋常小学校唱歌」第三学年用に掲載。皆さん素敵
皆さんご一緒に・・・★灯.....M・イサコフスキー詩でソビエト軍歌にもなり現在も歌い続けられているロシア民謡名曲
第2、k/Tさんどうぞ・・・★街の灯り.....そばに誰かいないと 沈みそうなこの胸 ・・・ 詩:阿久 悠・曲:浜 圭介・歌:堺正章
〃  K氏・Iさん宜しく・・・★虹と雪のバラード.....1972年札幌オリンピックのテーマソング 歌:トワ・エ・モワ
〃  K/Tさんと皆さんで・・・★学生街の喫茶店.....GARO(ガロ)の3枚目のシングル。 1972年日本コロムビア発売
〃  Y氏どうぞ・・・★海よおしえて.....岸洋子のシングル盤、A面に「恋心」が収録されている。B面がこの歌です。
〃  M氏宜しく・・・★高原の宿.....詩:高橋掬太郎 林伊佐緒は歌手・作曲家。日本歌手協会4代目会長 1955年
K/Hさんと皆さん・・・★大きな古時計.....1962年にNHK「みんなのうた」では原詩に近い保富康午の歌詞で放送
U氏お願いします・・・★ウラルのぐみの木.....ウラル山脈を中心としたロシア平原と西シベリア平原の一部を含む地
K氏・H氏・K氏で・・・★フィンランディア.....合唱曲 七つの海越えひびけ はるかの国の人へ・・・ 関忠亮日本語歌詞バージョン
Fさん・M氏どうぞ・・・★たきび.....NHKラジオ「幼児の時間」番組案内「ラジオ小国民」 昭和16年に詩が発表された
CIMG3116.JPG CIMG3117.JPG CIMG3120.JPG CIMG3121.JPG CIMG3123.JPG
CIMG3124.JPG CIMG3126.JPG CIMG3128.JPG CIMG3129.JPG CIMG3130.JPG
                               スキーU.jpg 《3ステージ》 灯台V.jpg
Yさんとご一緒に・・・★旅人よ.....フォークソングやニューミュージックのシンガーソング・ライターの先がけとなる。
皆さん前でどうぞ・・・★川の流れのように.....詩:秋元 康・曲:見岳 章 歌:美空ひばり1989年150万枚の大ヒット
Fさん・Iさんどうぞ・・・★スキー.....風をつんざき左へ右へ 飛べば踊れば流れる斜面・・・ 詩人・脚本家・文筆家:時雨音羽が昭和17年に書き、翌年「昭和科音楽」に掲載され、これに四拍子の曲をつけたのが平井康三郎。
U氏お願いします・・・★とうだいもり.....昭和22年文部省唱歌「五年生の音楽」掲載 メロディは明治42年日本に!
Oさんと皆さんで・・・★なつかしき愛の歌.....ビンガムが書いた原題「Love・s old Sweet  Song」として紹介。
K氏とご一緒に・・・★モルゲン・ローテ.....ドイツ民謡 詩:井田誠一  日本では1958年NHK「みんなのうた」で紹介 
O氏と皆さんで・・・★ローレライ.....明治42年「女性唱歌」掲載、後に近藤朔風訳詩で改めて発表されました。
皆さんご一緒に・・・★見上げてごらん夜の星を.....1963年リメイクされ坂本 九・九重佑三子主演で映画化された。
Mさん宜しく・・・★惜別の歌.....遠き別れに耐えかねて この高殿にのぼるかな 悲しむなかれ我が友よ 旅の衣を整えよ・・・ 島崎藤村
Iさん・Mさんどうぞ・・・★ここに幸あり.....昭和31年同名の松竹映画の主題歌 歌:大津美子
U氏とご一緒に・・・★黒い瞳の.....ロシア民謡 女性が男性に想いを寄せているさまを歌っています。
男性前へどうぞ・・・★歓びの歌(第九より).....ベートーヴェン交響曲第九番第四楽章の第一主題から抽出された。
ラストは全員合唱で・・・★蛍の光.....窓の雪 書よむ月日重ねつつ  いつしか年もすぎの戸を 明けてぞけさは別れゆく・・・
CIMG3131.JPG CIMG3132.JPG CIMG3134.JPG CIMG3135.JPG CIMG3138.JPG
CIMG3139.JPG CIMG3140.JPG CIMG3141.JPG CIMG3142.JPG CIMG3143.JPG

  有難うございました。 2019年令和元年の歌声も無事に終える事が出来ました。
  一年間どうも有難うございました。令和2年の最初は1月5日(第1日曜日)です! 
    良いお年をお迎え下さい。来年も宜しくお願い致します 
            2020干支2.jpg               歌声サロン 深海・村田・ピアノ 緑   スタッフ一同 
  1_108.jpg 1_108.jpg 1_108.jpg 1_108.jpg

音符ト音記号U.jpgそよ風のメロディー 虹色のハーモニー  爽やかスマイルをお届けします 音符ヘ音記号.jpg
                                                      歌声サロン
      歌声依頼の連絡先は090-2191-1039(深海)ふかみ 📩 fkatz@hcn.zaq.ne.jp 
                                         《事務局》  090-5887-0476(村田)     📩  luna@angel.zaq.jp 
                                                                                                          このままクリックでOK!
...............................................................................................................................................
posted by たかピー at 20:32| Comment(0) | 一心寺歌声日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: