ようこそ歌ごえサロンへ!歌ごえメンバーの「仲間の輪」ブログパートU

2019年06月02日

歌声サロン in 一心寺6月@

ムギナデシコU.jpg 6月2日(日曜日)午後1:30〜 南会所  一心寺ジャカランダ.jpg

  すがすがしい初夏の季節ですが、今日は曇りがちの空です!風は爽やかで蒸し暑さはなさそうな6月最初の歌声です。今日はジャカランダの開花を楽しみにしてきました。昨年の台風で三千佛堂側のジャカランダが1本折れてしまい、今年は・・・と心配されていましたが無事に開花していました。まだうっすらですが咲き始めました。すっかり有名になった一心寺のジャカランダ、その姿を一目見るために遠方からも足を運ばれるそうです。ジャカランダの樹は一心寺三千佛堂から道路向かい側の塀沿いに3本、境内の日想殿入り口付近に1本あります。幻想的な風景で薄紫色のベールに包まれる満開まであともう暫くです。 さて歌声準備が整いました。 「雨」.....あめあめ降れ降れ母さんが・・・  オープニング演奏から 一心寺歌声6月@がスタートします! Let's Go 👊
                        のばらV.jpg 《1ステージ》 若葉.jpg
こんにちは、九州は梅雨入りしました、大阪は来週頃でしょうか? 一心寺のジャカランダは五分咲きです、産地は南米産で日本の別名は「きりもどき」とも言います。帰りに見て帰って下さい。ではこの歌から始めましょう.....fp
野ばら(ウエルナー).....わらべは見たり野中のばら 清らに咲けるその色めでつ.....
Fさん・Oさんどうぞ・・・若葉.....昭和17年 のどかで爽やかな歌が戦争中に歌われたとは奇跡に近い事では? 
Aさん宜しく・・・夏は来ぬ.....卯の花(ウツギの花)、ホトトギス、五月雨、田植えの早乙女、橘、蛍、楝(おうち)、水鶏(くいな)といった初夏を彩る風物を歌い込んでいます。全体では「夏が来た」という意味です。
皆さんご一緒に・・・夏の思い出..... 昭和24年NHKラジオ歌謡で石井好子の歌で紹介され全国に広まった。
前でどうぞ・・・ここに幸あり.....当初は「かりそめの恋」で売っていた三条町子決まっていましたが、出産を間近にしていた為 同じ会社の新人:大津美子に回って彼女の好運はここから始まったそうです。
Mさんとお友達・・・鐘の鳴る丘.....昭和22年NHKラジオドラマが放送を開始、この歌はテーマソングです。
Yさんと皆さんで・・・ビリーブ.....詩曲:杉本竜一で金子みすずの「私と小鳥と鈴と」をも作曲されています。
ご一緒にどうぞ・・・陽気に生きようこの人生をさ.....詩曲:宮沢勝之は大学卒業後、東京都清瀬療園の職員として障害をもつ方々の生活支援に関わりながら人々の暮らしを歌にしたシンガー・ソング・ライター。
Mさんとご一緒に・・・コロラドの月.....三拍子でカントリーミュージックのようなメロディーで綺麗な曲ですね! 
Bさんと皆さんで・・・恋心.....タンゴ調のシャンソン 日本では1965年訳詩:永田文夫、歌:岸洋子で大ヒットする。 
皆さんご一緒に・・・そんな町を.....詩曲:北川てつは日本のうたごえ運動に参加し今も全国を回っておられます。
CIMG2112.JPG CIMG2113.JPG CIMG2114.JPG CIMG2115.JPG CIMG2116.JPG
CIMG2117.JPG CIMG2118.JPG CIMG2119.JPG CIMG2120.JPG CIMG2122.JPG
                       6tuki.jpg 《2ステージ》  牧場U.jpg
第2歌集、U氏どうぞ・・・あじさいの花.....雨の吹き付ける庭で下町の路地裏で・・・ 1971年歌声よりフォークに近い感覚
Tさんとご一緒に・・・.....なぜ巡り合うのかを・・・ 詩曲:中島みゆきは「幸せ」とは書かずに「仕合わせ」としています。「仕合わせ」という言葉には幸せという意味もあるが、「めぐりあわせ・運命」という意味もあります。
M氏と皆さんで・・・.....09年仙台市の楽楽楽ホールで行われた、東北各県の発表の最後にsingoutされた曲。
Mさん宜しく・・・ふるさとは今もかわらず.....新沼謙治が2012年に発売したシングル盤コンパクトディスクです。
皆さんご一緒に・・・たそがれの夢.....昭和22年NHKラジオ歌謡で放送、翌23年コロムビアからレコード発売。
Bさんとお友達・・・白い色は恋人の色.....アメリカ人女性デュオのベッツィ&クリスが放ったヒット・シングル。 
U氏どうぞ・・・戦争はしらない.....野に咲く花の名前は知らない だけども野に咲く花が好き 両手に・・・  フォーククルセダース 
Aさんとご一緒に・・・切手のないおくりもの.....愛する人へ自分が作った曲でなくても歌を歌ってあげるって素敵
Fさん宜しく・・・おお牧場はみどり.....ボヘミア民謡 訳:中田羽後 NHKラジオ歌謡1961年NHKみんなのうた
皆さんご一緒に・・・なつかしき愛の歌.....ビンガム原題は「Love・s old Sweet  Song」紹介の「やさしき愛の歌」  
Y氏お願いします・・・川の流れのように.....曲:身岳 章と詩:秋元 康は、1980年代からコンビを組んで発表。
t/k氏どうぞ・・・母なる故郷.....中央合唱団の14期生の終了演奏会のためにこの曲が作られました。
Mさん宜しく・・・ジグーリ.....民衆音楽家のモクロウソフがスミルノフの詩に 1951年曲を付け発表しました。
CIMG2123.JPG CIMG2125.JPG CIMG2126.JPG CIMG2127.JPG CIMG2128.JPG
CIMG2131.JPG CIMG2133.JPG CIMG2134.JPG CIMG2138.JPG CIMG2140.JPG
                       蛙V.jpg《3ステージ》 たんぽぽU.jpg
🚩皆んなで歌いましょう、女性の方どうぞ・・・☆翼をください.....1991年川村かおり、1997年赤い鳥の山本潤子が歌い障害をもつ子供たちへの応援歌として 子供から大人まで歌える素敵な歌です。女性コーラス綺麗に有難う!
🚩では男性全員集合です・・・☆坊がつる讃歌.....大分県北部の平治山・三俣山・久住山に囲まれた湿地の盆地。
Mさんどうぞ・・・蛙の笛.....昭和21年4月の夜更け眠れないでいた斉藤信夫の耳にコロコロ コロコロ と蛙の鳴き声が聞こえてきました。それを聞いている内に自然に1つの詩が浮かんできました。
Y氏と仲間達・・・霜月の午後.....バス通りの並木が赤く染まった イチ・ニ・サンと数える 次を忘れたら繰り返せばいい イチ・ニ・サンと何度でも・・・二人の影が長くのびる霜月の午後です・・・ 曲:林 学の実話から作られました。
Mさん宜しく・・・山蔭の道.....叙情歌が好きだった若原一郎は会社に掛け合い やっとの思いで獲得した歌です。
T氏どうぞ・・・ウラルのぐみの木.....二人の若者に思いを寄せられている娘のせつない恋の物語です。
Yさんと皆さんで・・・旅人よ.....草は枯れても命果てるまで 君よ夢を心に若き旅人よ・・・ 加山雄三 詩:岩谷時子 曲:弾 厚作
M氏お願いします・・・想い出は雲に似て.....昭和20年シベリアの抑留から帰り、米山正夫は居候していた時、近江俊郎の勧めで作り持っていた「山小舎の灯」が前年のラジオ歌謡で大ヒット。この曲は昭和23年です。
T氏・t/k氏どうぞ・・・たんぽぽ.....1976年詩人:門倉さとしが歌声仲間の結婚祝いにこの詩を贈りました。
ラストナンバーです・・・アモール・モナムール・マイラブ.....1951年から始まった 「サンレモ音楽祭」 は今も続く世界のポピュラーソングの音楽祭として大変高い評価を得ています。第12回準優勝曲です。
CIMG2143.JPG CIMG2144.JPG CIMG2145.JPG CIMG2146.JPG CIMG2147.JPG
CIMG2148.JPG CIMG2149.JPG CIMG2150.JPG CIMG2151.JPG CIMG2152.JPG
    有難うございました。歌声の間に降ってきた雨も幸い上がって何よりです。
   歌のタイトルの用紙を回収したいと思います。月末はサミットの最中で足元が心配
                               されますが、気をつけてお出かけ下さい。
   次回Aは6月30日(第5日曜日)です、お待ちしています(^O^)
               今日はどうも有難うございました。✋✋    たかピー
..............................................................................................................................................
posted by たかピー at 20:36| Comment(0) | 一心寺歌声日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: