ようこそ歌ごえサロンへ!歌ごえメンバーの「仲間の輪」ブログパートU

2019年03月02日

歌声サロン in 一心寺3月@

桃の木 写真U.jpg 3月2日(土曜日)午後1:30〜 南会所  桃の節句V.jpg

  梅の香りが爽やかに漂う春暖です。土曜日の今日は空は真っ青で歩くと汗ばむ位の温かさですが、花粉がすでに飛び散っています......花粉が多いこの時季、注意する事は自分が花粉症だと認識していない、いわゆる ”かくれ花粉症” で放っておくと重症化してしまう恐れもあると言われています。顔が痒くなったり、真っ赤になったら花粉症を疑いましょう! 今日も大勢の方にご参加頂き有難うございます。存分に歌って発散しましょうね、伴奏は「佐藤さん」です!オープニング曲「うれしいひな祭り」.....あかりをつけましょ ぼんぼりに・・・ の演奏から
                                     一心寺歌声3月@のスタートです! Let's GO 👊
                                                  ひな祭り.jpg 《1ステージ》  教会 ステンドグラス.jpg
こんにちは、あっという間に3月です! カレンダーを見ながら今年もあと・・・月かぁと思います。皆さん長生きしましょうね(笑) 明日は「ひな祭り」です、オープニングのこの歌から始めましょう.....fp
★うれしいひな祭り.....女の子の健やかな成長を祈る年中行事 桃の花が咲く季節で「桃の節句」とも呼ばれる。
★思い出のアルバム.....幼稚園・保育園の卒園式では欠かせない歌となっていますね!NHKみんなのうた芹洋子
Bさん宜しく・・・★卒業写真.....荒井由実曲 昭和50年シングルでリリース、音楽グループハイ・ファイ・セットも歌う。  
皆さんご一緒に・・・★みどりのそよ風.....昭和21年詩:清水かつら・曲;早川 信NHK学校音楽コンクールの課題曲
ご一緒にどうぞ・・・★春風.....吹けそよそよ吹け春風よ・・・ フォスター曲「主人は冷たい土の中に」加藤義清歌詞をつけた
Hさんどうぞ・・・★ともだち.....君の目の前の 小さな草も 生きている笑ってる ホラ・・・ 詩:永 六輔 曲:いずみたく 歌:坂本 九
Hさんお願いします・・・★ウィーンわが夢の街.....訳詞:あらかはひろし 曲:ズイーチンスキー 編曲:源田 俊一郎.
U氏どうぞ・・・★春のそよ風.....春風が微笑むよ 野に山にやさしく・・・ ダークダックス歌 スウェーデン民謡
Y氏と仲間達・・・★生きて生きて生きて.....流す涙は誰のため・・・ 二本松はじめは「生きることは手を繋ぐこと、生きることは闘うこと、生きることは仲間を作ること」という言葉から労働組合活動の中からこの曲を作った。
Bさんとお友達・・・★野の花の歌が聞こえますか.....高石ともや曲 今を積極的に明るく生きる自信を確認しました。
Hさんとご一緒に・・・★小さな空.....混声合唱のための『うた』(英: Songs for mixed chorus )武満 徹作編曲
Y氏と皆さんで・・・★俺たちのシルクロード.....広島にあった国鉄労働者の合唱団 "広島ナッパーズ" の名曲
CIMG1802.JPG CIMG1803.JPG CIMG1804.JPG CIMG1806.JPG CIMG1807.JPG
CIMG1809.JPG CIMG1810.JPG CIMG1812.JPG CIMG1815.JPG CIMG1816.JPG 
                                                      水車.jpg  《2ステージ》たんぽぽ.jpg
🚩皆んなで歌いましょう、男性から・・・★栄冠は君に輝く.....第91回選抜高等学校野球が3月23日〜4月3日迄 阪神甲子園球場で開催されます。力強い男性の歌声と共に熱い戦いが始まります。有難うございました。
🚩続いて女性の皆さん前にどうぞ・・・★森の水車.....Fさんのリクエスト、女性全員 綺麗で楽しいコーラスです!
皆さんご一緒に・・・★ドレミの歌.....ドレミファソラシド ドシラソファミレ ドミミミソソ レファファラシシ・・・どんなときにも列を組んで ・・・ 
ご一緒に前で・・・★アルプス一万尺.....アメリカ民謡 訳詩西場栄三郎が日本アルプスを舞台にした歌詞をつけた
前でご一緒に・・・★ラ・ノビア.....1962年チリ人の「ホワキン・プリート」が作詞・作曲したもの。歌:ペギー葉山
K氏宜しく・・・★世界をつなげ花の輪に.....太陽は呼ぶ地は叫ぶ 起て逞しい・・・ 昭和26年5月1日第17回メーデー復活に先立ち、新しい労働歌が募集され第1位に「町から村から工場から」 第2位に入ったのがこの歌です。 
O氏とご一緒に・・・★旅人よ.....昭和41年発売、作曲:弾 厚作は加山雄三のペンネーム。 作詞:岩谷時子
Hさんとご一緒に・・・★たんぽぽ.....雪の下の故郷の夜 冷たい風と土の中で・・・ 曲:堀越 浄は当時仙台合唱団の研究生、東北人の冬から春へ向かう思いをこの詩に感じて寝る間も惜しんで作曲に没頭したそうです。 
M氏お願いします・・・★真白き富士の嶺.....元歌はイギリス民謡をジェレミー・インガルスが手を加えた「Garden」
N氏・K氏宜しく・・・★谷間の灯.....最初に歌ったのは東海林太郎だそうです。訳詩:西原武三
Hさん・Yさんで・・・★スワニー河.....遥かなる流れの彼方に・・・ フォスター曲 フロリダ州の公式州歌。別名「故郷の人々」
K氏と皆さんで・・・★Love And Peace.....副題「私たちは歌いつづける」 作詞・作曲:きむらいずみ
CIMG1817.JPG CIMG1819.JPG CIMG1820.JPG CIMG1821.JPG CIMG1822.JPG
CIMG1825.JPG CIMG1826.JPG CIMG1827.JPG CIMG1829.JPG CIMG1830.JPG
                                                             えんどうの花.jpg  《3ステージ》 この木なんの木U.jpg
前でご一緒に・・・★ニコライの鐘.....歌:藤山一郎 明治24年に東京・御茶ノ水にあるドーム屋根が特徴の大聖堂
M氏宜しく・・・★時計台の鐘.....伝えていきたい日本の風景 童謡・唱歌 昭和6年高階ます子の歌でレコード発売
皆さん前に・・・★春よ、来い....NHK連続テレビ小説の主題歌70周年記念作品。 松任谷由実26枚目のシングル
U氏どうぞ・・・★星めぐりの歌.....宮沢賢治曲 著作「双子の星」にて歌詞が用いられる他「銀河鉄道の夜」にも登場 
T/Kさんから・・・★えんどうの花.....えんどうの花の 咲く頃は 幼い時を 思い出す・・・ 琉球民謡  詩:金城栄治 曲:宮良長包 
Mさん宜しく・・・★夢見る想い.....16歳のジリオラ・チンクエッティ(イタリアのヴェローナ生れの少女)が、昭和39年「第13回サンレモ音楽祭」続いて「ユーロビジョン・ソングコンテスト」でダブル優勝をしました。
ご一緒に前に・・・★コロラドの月.....日本では昭和の始めごろに入って来て近藤玲二が原詩に近い訳詩をされた。
ご一緒にどうぞ・・・★アデュー.....出てゆく船をおくる私 悲しい辛い別れだ・・・ もう二度と会わない時に使うさようならです。
Kさんから・・・★この木なんの木..... この樹は、日立グループの総合力と成長を木に例えているそうです。
T/Kさんどうぞ・・・★赤い花白い花.....1970年に「赤い鳥」の歌でリリースされ、1976年NHK「みんなのうた」ビッキーズの歌で放送され一挙に広まっていきました。 詩・曲:中林ミエは群馬県太田市の出身。
Fさん・Kさんどうぞ・・・★早春賦.....穂高連峰東側の麓の平野に流れる穂高川のほとりに歌碑があるそうです。
ラストナンバーです・・・★アモール・モナムール・マイラブ.....間違えて二番の歌詞ばかり歌ってしまってスミマセン💤
CIMG1832.JPG CIMG1833.JPG CIMG1834.JPG CIMG1836.JPG CIMG1837.JPG
CIMG1838.JPG CIMG1839.JPG CIMG1840.JPG CIMG1841.JPG CIMG1844.JPG
       アモール・モナムール・マイラブ・・・
 有難うございました。お天気も大丈夫の様です、これからは一雨毎に春めいてくる事でしょう。
  次回は17日(第3日曜日)です! お待ちしていま〜す。         たかピー
                 お忘れ物の無い様にお気をつけて下さい ✋✋
................................................................................................................................................
  ◎ 3月4日(第1月曜日)は住之江歌声です。アットホームでとても楽しいです、是非お越し下さい。歌声サロン
posted by たかピー at 21:17| Comment(0) | 一心寺歌声日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: