ようこそ歌ごえサロンへ!歌ごえメンバーの「仲間の輪」ブログパートU

2019年01月07日

歌声喫茶 in 住之江2019年1月

お正月 写真U.jpg 1月7日(月曜日)午後1:30〜 喫茶 エンジェル 七草粥U.jpg

  今日は七草で人日の節句です。日本では1月7日に七草粥を食べる風習がありますが、お正月のご馳走で疲れ気味の胃を休める・・・と言う意味があり、平安時代から始まったと言われています。せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ・・・で七草です。七草粥は、それぞれの成分やビタミン類など、まさに日本人の知恵が生んだ薬膳料理の代表と言われています、最近ではスーパーでも「七草セット」が売られていますから大変便利です。  さて明日8日から日本海側に大雪の予報が出されています。 大阪は風は冷たくて寒いですが雪は大丈夫の様ですね! さあ昨日・今日と連チャンの歌い始めですが、どちらの会場も大入りです、本当に大勢の方にご参加頂き有難うございます。皆様のご健康と幸せを願って、オープニングはこの曲・・・「春への憧れ」.....おいでよ春よ 木には緑を・・・ の演奏から 住之江新春歌声喫茶がスタートします 👊GO!go!GO!
                                                      元旦.jpg 《1ステージ》 富士山X.jpg
改めまして、明けましておめでとうございます、今年も宜しくお願いします。今日7日は七草粥を食べますね!早速ですが、お正月ですので今日の一曲目はこの歌から始めたいと思います.....fp
一月一日.....初日の光さしいでて 四方に輝く今朝の空 君が御影に・・・ 作曲は宮内庁楽師で東京音楽学校教授の上貞行。 
K氏どうぞ歌ってね・・・富士の山.....あたまを雲の上に出し 四方の山を・・・ 明治43年 雄大で綺麗で気高い誇らしい山。
W氏・H氏どうぞ・・・白銀は招くよ.....冬季オリンピック回転・大回転・滑降の三種目で金メダルを取った オーストリアの「トニー・ザイラー」 映画の主題歌を歌って大ヒットしました。映画の原題は「ザイラーと12人の娘」 
Y氏とお友達で・・・冬の星座.....詩・曲:W・S・ヘイス 日本では昭和22年中学の音楽教科書で歌われました。
H氏ソロでどうぞ・・・ラスト・ワルツ.....クラシックのような旋律と、粋なシャンソンのリズムを併せ持った歌ですね!
Kさん宜しく・・・あざみの歌.....昭和24年伊藤久男の歌で放送「ラジオ歌謡」の歴史のなかで最も人気の高い歌。
Y氏とご一緒に・・・新雪.....歌:灰田勝彦31歳 爽やかで軽快なリズムが好まれ時代を越えて歌われてきました。
K氏どうぞ・・・スキー.....明治・大正の流れにある唱歌からすれば、大変モダンでハイカラな曲調だと思います
Sさん宜しく・・・童神.....2001年NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」の中で流されて世に広く知られるようになった
Yさんとご一緒に・・・いい日旅立ち.....この歌を聞きますと何となく旅にでるのだなーと言う感慨になりますね!
Nさんソロでどうぞ・・・学生時代.....若き乙女の平和で幸せな学生時代を大らかにおセンチに歌ったペギー葉山
K氏宜しく・・・北国の春.....情感豊かに歌:千 昌夫は1965年に師遠藤 実」 さんの門をたたき弟子となりました
W氏・H氏どうぞ・・・北風小僧の寒太郎.....昭和56年NHK「みんなのうた」で歌:堺 正章で紹介されました。
CIMG1606.JPG CIMG1608.JPG CIMG1609.JPG CIMG1610.JPG CIMG1613.JPG
                                                      お母さん (4).jpg《2ステージ》 ラピュタW.jpg
Fさんからどうぞ・・・母さんの歌.....かあさんが夜なべして 手袋あんでくれた・・・ 窪田聡はうたごえ運動の中心として活動
Nさん・Sさんで・・・鐘の鳴る丘.....昭和22年7月2日NHKラジオドラマ「鐘の鳴る丘」が放送を開始しました。
K氏宜しく・・・ここに幸あり.....この歌が最初に流行った昭和30年代は映画「三丁目の夕日」の時代と同じです。
W氏・H氏です・・・心の窓に灯を.....1959年に発表され、翌1960年にリリースされたザ・ピーナッツの楽曲です。 
K氏どうぞ・・・ゴンドラの唄.....松井須磨子が「芸術座」の舞台「その前夜」第四幕「ベネチアの夜」で歌い大ヒット
N氏宜しく・・・寒い朝.....吉永小百合17歳の時、バックに和田 弘 とマヒナスターズの皆さんが歌われました。
Fさんとご一緒に・・・とうだいもり.....昭和22年文部省唱歌「五年生の音楽」掲載されたがメロディーは明治42年
Lさんどうぞ・・・君をのせて.....歌:井上あずみ 1986年に映画「天空の城ラピュタ」主題歌サウンドトラック収録。
続いてどうぞ・・・.....中島みゆき曲・歌 TBS系テレビドラマ「聖者の行進」の主題歌に起用された
Lさんと皆さんで・・・花は咲く.....今はただ懐かしい あの人を思い出す 誰かの歌が聞こえる・・・ 震災復興支援ソング
K氏宜しく・・・たきび.....戦後、NHKラジオ「うたのおばさん」で放送が復活してから広く愛唱されるようになった。
CIMG1614.JPG CIMG1616.JPG CIMG1617.JPG CIMG1618.JPG CIMG1619.JPG
休憩時間にマスターから七草粥をご参加の皆さんと一緒にご馳走になりました。とても美味しくて体が温まりました、有難うございました。
                                          トロイカU.jpg 《3ステージ》 パリ.jpg
N氏からどうぞ・・・トロイカ.....雪の白樺並木夕日が映える・・・ ブラーホフ作曲のトロイカを楽団カチューシャが間違って訳しました。 しかし軽快なリズムに若者の明るい恋を歌った歌詞が私たちの愛唱歌になった。
W氏宜しく・・・.....Y・フレンケルが作曲した「鶴」は、いまやソビエトのみならず国際的な脚光を浴びています。
H氏ソロです・・・パリの屋根の下.....主役の「アルベール・プレジャン」が歌って映画と共に好評を得ました。
K氏どうぞ・・・蘇州夜曲.....寒山寺の境内には有名な唐の時代の詩人「張継」の「月落烏啼霜満天 ・・・」の碑が!
K氏お願いします・・・冬景色.....文部省唱歌 大正2年尋常小学校五年生用の唱歌に掲載されました。
Lさんと皆さん・・・長崎の鐘..... 昭和25年歌:藤山一郎 レコーディング当日体調がすぐれず延期を考えましたが、既に準備が出来ていた為高熱を押して歌い息絶え絶えな感じがこの歌に相応しいと録音がOKとなり発売
Sさん宜しく・・・青春時代.....青春時代が夢なんて あとからほのぼの思うもの 青春時代の・・・ 歌:森田公一とトップギャラン
H氏どうぞ・・・淡き灯に.....タンゴの名曲、その歯切れよさを少し押さえたブルースのような感じに作られています
Y氏とご一緒に・・・真白き富士の嶺.....七里ヶ浜で転覆事故のあった開成中学とは姉妹校の鎌倉女学校の教師だった三角錫子は、これを聞き一気にこの詩を書き上げました。作曲ジェレミー・インガルス  
皆さんご一緒に・・・雪の降る町を.....初めて歌った人は、ドラマの主演をしていた阿里道子・南美江の二人です。
ご一緒にどうぞ・・・アメージング・グレイス.....幾千万の生命照らして 共に歩み給え・・・ 人間一人ひとりが環境や人類愛をもう一度取り返す社会を作ることが大切ではないのかと訳詩山ノ木竹志は書いています。
ラスト曲です・・・☆アモール・モナムール・マイラブ.....今宵二人で 愛を語ろう恋人よ アモール・モナムール・マイラブ・・・
CIMG1629.JPG CIMG1630.JPG CIMG1631.JPG CIMG1632.JPG CIMG1634.JPG

   有難うございました。歌い初めが無事終わりました。
    次回は2月4日立春です!(^O^)
       寒中ですので風邪を引かれない様にして下さい。次回お待ちしています✋✋

2_128.jpg 2_128.jpg 2_128.jpg 2_128.jpg

    歌声のお問い合わせは電話 06-6674-8046 (喫茶 エンジェル)アイラブユ-.jpg
                           歌声サロン(吉田)090-6550-0364    (深海)090-2191-1039
                     又は 090-5887-0476 (事務局)  pc mail to
luna@angel.zaq.jp
  (村田)
                                                                このままクリックでOK!
.................................................................................................................................................
posted by たかピー at 22:00| Comment(0) | 住之江歌声日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: