ようこそ歌ごえサロンへ!歌ごえメンバーの「仲間の輪」ブログパートU

2018年11月30日

長居障がい者歌声喫茶 C in スポーツセンター

12月ポインセチア写真.jpg 11月30日(金曜日)午後1:00〜 スポーツセンタークリスマスツリー.jpg

  早朝に、今日のお天気をウェザーニュースキャスターさんが、「11月最終日ですね! 西・東日本では青空での締めくくりとなりそうです 12月も楽しく元気に過ごしましょう それでは、暖かくしていってらっしゃい」と放送していました。 本当に快晴に恵まれて歌声日和です! 長居歌声は平成28.12月に1回目がスタートし、29.7月・30.5月と今年から年2回になりスタートから今日で4回目の歌声を迎えました。 視覚障がいの方々の足取りも軽く笑顔でご挨拶をされ、次々と受付を済ませて会場に入られています。懐かしいお顔、初めて参加の方も生き生きして本当にお元気です、皆さん大きな声で歌いましょう〜 役員様の開会のご挨拶が終わり、私達の紹介からバトンタッチされました。  それでは 長居障がい者歌声喫茶がスタートします 🎶 GO!GO!
                              赤とんぼ.jpg 《1部》 あざみW.jpg(1:00〜1:45)
皆さんこんにちは、歌声サロン深海・村田・吉田です、宜しくお願いします。今日は100名超えですね!素晴らしいです。皆さんどんどん前に出て大きな声を出して歌いましょう。早速この歌から始めま〜す.....深海
   青い山脈.....若く明るい歌声に・・・ 石坂洋次郎原作の映画主題歌、藤山一郎・奈良光枝のデュエットでヒット!
   里の秋.....静かな静かな・・・リクエストから秋の歌を歌いましょう。トップバッターは女性の方です。
   ◇赤とんぼ.....「赤とんぼ 止まっているよ竿の先・・・」 詩:三木露風が11,2歳で書いた句がこの歌の原点です。 
   あざみの歌.....山には山の 愁い・・・ 昭和30年代の後半まで 日本人の楽しみの一つはラジオを聞くことでした。
   下町の太陽.....下町の空に輝く・・・ 1961年映画主演:倍賞千恵子が題名と同タイトルの主題歌を歌い大ヒット!
   月の沙漠.....はるばると 旅のらくだが・・・ 詩:加藤まさおは大正時代の挿絵画家・日本画家そして詩人でした。
   北国の春.....白樺 青空 南風・・・ 詩:いで はく 信州の出身、信州の情景を思い描いたそうです。歌:千昌夫
   憧がれの郵便馬車.....南の丘をはるばると・・・ 昭和27年岡本敦郎のさわやかな歌声が町に流れました。
   ◇明日があるさ.....いつもの駅でいつも逢う・・・ 昭和39年坂本 九の歌唱で大ヒット80万枚売れたそうです。
CIMG1442.JPG CIMG1446.JPG CIMG1443.JPG CIMG1444.JPG CIMG1445.JPG
                               おじいさんと古時計.jpg 《2部》スキーU.jpg(1:55〜2:40)
   手のひらを太陽に.....僕らはみんな生きている・・・ 詩:やなせたかし 曲:いずみたく NHK「みんなのうた」で放送 
   とうだいもり.....凍れる月影 空にさえて・・・ イギリス民謡 昭和22年の文部省唱歌「五年生の音楽」に掲載
   四季の歌.....春を愛する人は・・・ 歌:芹洋子 作詞家・荒木とよひさが1963年〜1964年に作詞作曲した楽曲。
   白い花の咲く頃.....白い花が咲いてた・・・ 昭和25年NHK「ラジオ歌謡」 歌:岡本敦郎で一斉を風靡した名曲
   雪山讃歌.....雪よ岩よ我等が宿り・・・ アメリカ民謡 詩:西堀栄三郎 歌:ダーク・ダックス
   学生時代.....蔦のからまるチャペルで・・・ 歌:ペギー葉山 乙女の平和で幸せな学生時代を大らかにセンチに歌う
   ◇大きな古時計.....大きなのっぽの古時計・・・70年以上前にミミー宮島が「シンデレラ」をモチーフにした歌詞で歌う
   太陽がくれた季節.....君は何を今 見つめているの・・・ 1972年に発売された青い三角定規のシングルです。
   〜すばる〜.....目を閉じて何もみえず・・・ 詩・曲:谷村新司 1971年音楽グループ「アリス」を結成しました。
   スキー.....山は白金 朝日を浴びて・・・ 作詞は昭和期の詩人・脚本家・文筆家の時雨音羽で作曲:平井康三郎
                           野原.jpg《3部》よさこい節V.jpg(2:50〜3:30
   この広い野原いっぱい.....咲く花を 一つ残らず・・・ 愛らしくて爽やかで清楚な女性が目の前に浮かんできます。
   ◇心の旅.....あーだから今夜だけは・・・ 歌:チューリップ 詩・曲:財津和夫が上京する直前の心境が原点。
   ◇若者たち.....君の行く道は・・・ 昭和41年月曜日夜8時からの連続ドラマ「若者たち」の主題歌として全国に!
   ◇長崎の鐘.....こよなく晴れた青空を・・・ 昭和24年発表の歌はまさに日本の歌謡史に燦然と輝く名曲の一つです。
   南国土佐を後にして.....都へ来てから・・・ 歌:ペギー葉山 歌詞の後半部分の民謡調は「よさこい節・南国節」 
   見上げてごらん夜の星を.....小さな星の小さな光が・・・ 昭和35年大阪フェスティバルホールでミュージカル上演
   ◇ローレライ.....なじかは知らねど・・・ 明治42年「女性唱歌」掲載後に、近藤朔風訳詩で改めて発表されました。
   ◇旅愁.....ふけ行く秋の夜・・・ 明治40年中等教育唱歌集に犬童球渓訳詩の「旅愁・故郷の廃家」が採用される。
   ◇もみじ.....秋の夕日に照る山・・・ 詩:高野辰之は故郷の碓氷峠「熊ノ平駅」から見える紅葉の景色に見とれた。
   ◇きよしこの夜.....星は光り すくいの御子は・・・ クリスマスシーズンには欠かせない世界的に有名な讃美歌の一つ
   ふるさと.....兎追いしかの山・・・  歌は最高齢の女性で、男性がハーモニカで演奏して下さいました。有難う!
    あっと言う間に時間が来てしまいました。沢山の方が前で歌って下さいました。
    皆さん今日は本当に有難うございました。次回は来年5月にお会いしましょう ✋✋
                           歌声サロン 深海・吉田・村田
12_140.jpg 12_140.jpg 12_140.jpg 12_140.jpg
posted by たかピー at 21:09| Comment(0) | 長居障害者歌声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: