ようこそ歌ごえサロンへ!歌ごえメンバーの「仲間の輪」ブログパートU

2020年09月24日

貝塚浜手歌声サロン9月

9月の花V.jpg 9月24日(木曜日)午後1:30〜 浜手地区公民館 CIMG7979.JPG

   台風12号の心配をしていましたが、コースを外れて好天気に恵まれました。今年3月にコロナで中止になりましたので、待ちに待った浜手公民館の歌声開催日です。JR新今宮駅で待ち合わせて南海急行で貝塚へと出発します。 13時の開場に次々とお客様が受付されて会場へと入場されます。コロナ感染防止の為、窓や入り口のドアーも全開し換気をして、椅子も間隔を空け人数制限されていて、マスク or フェイスシールド着用で消毒・検温も済ませての開催となります。皆様のにこやかなお顔に心が和みます。今日は浜手地区シルバーライフと一般参加の合同歌声です。 13時30分になりました、担当の方のご挨拶と注意事項、私達三人(深海・佐藤・村田)のメンバー紹介から
              浜手地区歌声サロン9月がスタートします 🚩 GO!GO!
                                                  赤とんぼY.png 《前半》 高原列車.jpg13:35〜14:20
こんにちは!ご無沙汰でしたが今日は大勢の方のご参加を有難うございます。リクエスト曲を沢山頂いていますので、どんどん前に出られて歌って下さい、宜しくお願いします。ではこの歌から始めましょう.....fp
  〇赤とんぼ.....夕焼け小焼けの赤とんぼ・・・ 詩:三木露風は明治が生んだ偉大な詩人です。
  〇上を向いて歩こう.....涙がこぼれないように・・・ 歌:坂本 九 詩:永六輔 曲:中村八大 英題:SUKIYAKI
  〇エーデル・ワイス.....祖国よ永遠に・・・ 崇高な白いものと言うドイツ語の呼称、そしてスイスの国花です
  〇川の流れのように.....知らず知らず歩いて来た・・・ 美空ひばりの生前最後に発表された曲 日本の歌百選。
  〇高校三年生.....泣いた日もある 恨んだことも・・・ 爽やかな歌声の学生服で一斉を風靡したのは舟木一夫。
  〇高原列車は行く.....緑の谷間に 山百合ゆれて・・・ 息の長いそして年齢を問わず国民に愛されている歌です。
  〇さくら貝の歌.....ああなれど 我が想いは儚く・・・ 曲:八洲秀章は、哀愁を帯びた美しい歌を私達に提供してくれた。
  〇白い花の咲く頃.....悲しかったあの時の・・・ 昭和25年NHKラジオ歌謡 岡本敦郎歌唱で一斉を風靡した曲
  〇〜すばる〜.....我は行く 蒼白き頬のままで・・・ 谷村新司の代表曲の一つで、ソロ歌手では60万枚の大ヒット!

                                           休憩ー
                          ドレミの歌U.jpg 《後半》 忘れな草V.jpg14:30〜15:15
  〇青春時代.....真ん中は 道に迷っているばかり・・・ 森田公一とトップギャランのシングルでこのグループの代表曲。
  〇瀬戸の花嫁.....父さん母さん だいじにしてね・・・ 昭和47年歌:小柳ルミ子はスター歌手として地歩を固めました。
  〇旅人よ.....君よ夢を心に 若き旅人よ・・・ 日本の俳優兼シンガーソングライター加山雄三10枚目のシングル
  〇ドレミの歌.....どんな時にも列をくんで みんな楽しくファイトをもって・・・ 大人も子供も歌えるとっても楽しい歌ですね。
  〇トロイカ.....雪の白樺並木 夕日が映える・・・ 軽快なリズムに若者の明るい恋を歌った歌詞が素敵。ロシア民謡
  〇涙そうそう.....いつもいつも胸の中 励ましてくれる人よ・・・ 森山良子は、早世した兄への思いを歌詞にする。
  〇芭蕉布.....浅地紺地の 我した島沖縄(うちなー)・・・ 昭和40年代の歌声喫茶では、最も人気の歌でした。
  〇(春のうららの).....かいのしずくも 花と散る・・・ 1900年滝廉太郎21歳の時 四季と題された組曲の春の歌。
  〇坊がつる讃歌.....花の情けを知るものぞ・・・ 登山やハイキングで多くの愛好家や山岳部でよく歌われていた。
  〇見上げごらん夜の星を.....手をつなごう僕と 追いかけよう・・・ 1960年に初演されたミュージカル劇中の主題歌
  〇水色のワルツ.....涙のあとをそっと 隠したいのよ・・・ 高木東六は、ひょうきんでユーモアたっぷりの楽しい方でした
  〇山のロザリア.....涙流し別れた 君の姿よ・・・ 前半と後半が同じメロディーで歌いやすくて曲調が良いですね!
  〇忘れなく草をあなたに.....別れても分かれても・・・ 歌詞の前段に言葉を重ねた事で女性の切ない心情が伝わる。
  〇童神(わらびがみ).....ゆいりょーやヘイヨーヘイヨー・・・ 2001年NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」の中で流された。
  〇われは海の子.....我が懐かしき 住家なれ・・・ 明治43年「尋常小学校読本唱歌」に掲載。作詞・作曲者不詳
  〇夕焼け小焼け.....お手々つないで皆帰ろう カラスと一緒に帰りましょう・・・ 詩:サトウハチロー 曲:中田喜直
CIMG3631.JPG CIMG3635.JPG CIMG3637.JPG CIMG3638.JPG CIMG3639.JPG

  皆さん有難うございました。 次回は来年3月14日(日曜日)の予定です。
  帰られましたら、うがい・手洗い をお忘れない様にお願いします。
    では3月にまたお元気でお会いしましょう ✋✋     歌声サロン(深海・佐藤・村田)

11_068.jpg 11_068.jpg 11_068.jpg 11_068.jpg
posted by たかピー at 21:11| Comment(0) | 浜手地区公民館歌声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする