ようこそ歌ごえサロンへ!歌ごえメンバーの「仲間の輪」ブログパートU

2019年10月07日

歌声喫茶 in 住之江10月

10月花U.jpg10月7日(月曜日)午後1:30〜 喫茶 エンジェル ラグビーw杯.jpg

  昨日の一心寺に続き今日は住之江歌声、今日も秋晴れで気温が高く汗ばみます。 プロ野球クライマックスシリーズが始まっていますが、阪神タイガースvs巨人は?? また今超人気のラグビーW杯2019 日本大会1次リーグA組最終戦のスコットランド戦の期待が大きいですが、13日のスコットランド戦に水を差される可能性が出てきました。6日未明に日本の南東海上で台風19号が発生、猛烈な勢力を保ちながら、今週末には関東・東海地方を直撃の予報です!早目の準備と対策と最新情報に注意しましょう!!  さて 私は今日 阿倍野から阪堺電車でいつも乗る浜寺公園行き のトラムが、横断歩道の信号待ちをしている間に発車して乗り遅れてしまいましたzzz 残念! 次のあびこ道行き を待ちます。 今日の住之江会場は超満席のお客様です、皆さん暑い中を有難うございます。   ピアノは緑さんのオープニング曲・・・「証城寺の狸囃子」..... の演奏から
              住之江歌声10月がスタートします 🚩 GO!GO!GO!
                       村祭り.jpg 《1ステージ》 エーデルワイス.jpg
こんにちは、今日も暑いですね!明日は寒露で晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のこと、空気が澄んだ秋晴れの夜には月も美しく輝いて見えますので空を見上げて見ましょう。秋祭りの時季です この歌から.....fp
★村祭り.....今日はめでたい御祭り日 ドンドンヒャララ ドンヒャララ ドンドンヒャララ・・・ 明治45年「尋常小学唱歌」に発表
Uさんどうぞ・・・★小さな木の実.....原詩は恋の歌 日本語の歌詞は父の息子への溢れるばかりの愛情を詩います。
W氏・Wさんです・・・★水色のワルツ.....いつの間にか夜露に濡れて 心の窓を閉じて忍び泣くのよ・・・ 曲:高木東六は、歌番組の審査員としてお馴染みのひょうきんな感じでユーモアたっぷりのコメントが楽しい方でした。
Kさん・K氏・W氏・・・★あざみの歌.....昭和24年伊藤久男:歌で放送され「ラジオ歌謡」歴史で最も人気の高い歌。
Kさんと皆さん・・・★秋の夜半.....み空澄みて 月のひかり清く白く・・・ ドイツ・オイティンに生れたウエーバー35歳に作曲。
KさんとKさんどうぞ・・・★追憶.....1890年中央堂が「明治唱歌集」発行 第五集に「月みれば」掲載が日本の元歌。  
W氏とH氏で・・・★エーデル・ワイス.....清らに白く 輝く朝に微笑みかける とわに気高くりりしい・・・ サウンド・オブ・ミュージック
英語バージョンで・・・★Edelweiss..... ブロードウエイ・ミュージカルが好評を得て映画となり日本では1965年公開
Kさんとご一緒に・・・★浜辺の歌.....曲:成田為三は現東京芸大で山田耕筰さんの指導を受け作曲の道を目指す。
Yさんと皆さんで・・・★手のひらを太陽に.....1998年アンパンマン劇中挿入歌 詩:やなせたかし・曲:いずみたく
皆さんご一緒に・・・★ここに幸あり.....昭和31年 同名の松竹映画の主題歌として作られました。歌:大津美子
Uさんどうぞ・・・★野菊.....詩:石森延男は北海道札幌生まれで、アイヌを主人公にした小説「コタンの口笛」を書く。
CIMG2852.JPG CIMG2853.JPG CIMG2854.JPG CIMG2855.JPG CIMG2856.JPG
                                                花嫁Y.jpg 《2ステージ》  上を向いて歩こう.jpg
Sさんお席でどうぞ・・・★瀬戸の花嫁.....詩:山上路夫は「翼をください・世界は二人のために」など幅広いジャンル
ご一緒にどうぞ・・・★草原情歌.....中国青海地方民謡 元歌とはやや違うメロディーですが、日本では現在の旋律。
H氏宜しく・・・★黒い瞳.....ロシア民謡 日本では堀内敬三訳詩は、感情を抑えた素晴らしい詩を書いています。
Mさんとご一緒に・・・★涙そうそう.....会いたくて会いたくて 君への想い涙そうそう・・・ 沖縄のメロディーと歌詞がぴったりあっていて、この歌は一年中歌われる私たちの愛唱歌 詩・歌:森山良子・曲:ビギン 涙ぼろぼろの意
W氏・Uさんどうぞ・・・★憧れのハワイ航路.....昭和23年 歌:岡 晴夫 ハワイは今でも日本人のあこがれの地です。
M氏とご一緒に・・・★ゴンドラの唄.....故郷から「母危篤」の電報が届き中山晋平は慌て帰郷、すでに旅立った後で帰りの汽車の中、悲しみに落ち込んでいた時「命みじかし」の詩のフレーズと曲が浮かんだそうです。
Mさん・M氏どうぞ・・・★惜別の歌.....明治・大正時代を代表する詩人:島崎藤村は24歳から書いた詩集「若菜集」
Aさんと皆さん・・・★上を向いて歩こう.....1961年NHKテレビ番組「夢であいましょう」10月・11月の歌として放送
第2 K氏どうぞ・・・★ニコライの鐘.....青い空さえ小さな谷間 日暮れは・・・ 昭和26年 藤山一郎と古関裕而の合作芸術
〃 W氏とご一緒に・・・★世界に一つだけの花.....NO.1にならなくてもいい もともと特別なOnly one・・・ 歌:SMAP
〃 頑張って歌いましょう・・・★カナダ旅行.....NHK「みんなのうた」で放送されました。作詞・作曲:シャルル・トレネ
CIMG2857.JPG CIMG2859.JPG CIMG2860.JPG CIMG2862.JPG CIMG2864.JPG
CIMG2867.JPG CIMG2869.JPG CIMG2870.JPG CIMG2871.JPG CIMG2873.JPG
                                              船頭さんU.jpg  《3ステージ》 浜千鳥U.jpg
W氏・Uさんから・・・★南国土佐を後にして.....昭和27年鈴木三重子歌では注目されず、それから6年テレビが普及した昭和33年NHK高知放送局開局記念「歌の広場」が放映されジャズ歌手:ペギー葉山が歌い反響を呼ぶ。
FさんM氏どうぞ・・・★船頭さん.....戦時歌謡が、戦後歌詞の一部が改作され一般向きの童謡として親しまれる。
M氏とW氏です・・・★北帰行..... 昭和16年詩曲:宇田 博は戦時のバンカラ学生で学校を追われ自由を求めていた。
H氏ソロで宜しく・・・★時計.....メキシコの音楽グループ「ロス・トレス・カバジェロ」のカントラール詩曲ボレロのリズム
W氏と皆さん・・・★一週間.....ロシアのチャストゥーシカの農村で歌わている踊り歌、同じメロディを繰り返し覚え易い
M氏・K氏どうぞ・・・★浜千鳥.....優しさと憂いを含んだ曲:弘田龍太郎メロディーは、三拍子でいながら五音階(四七)で細かい技巧も音符もなく誰もが歌える1オクターブの範囲に作られています。
W氏・Uさんと共に・・・★あなたと共に.....あなたと共に呼びましょう 胸に点った・・・ 水木洋子長編小説原作の映画主題歌
W氏と皆さんで・・・★小さいグミの木.....ロシア民謡 実らない切ない恋を歌っています。原詩はナナカマドの木
H氏お願いします・・・★オー・ソレ・ミオ.....私の太陽は1889年オペラ歌手:エンリコ・カルソーの為のカンツォーネ
W氏宜しく・・・★山のけむり.....曲:八洲秀章は、繊細で爽やかでそして穏やかな曲をいつも心がけていたそうです
皆さん前で歌いましょう・・・★翼を下さい.....この大空に翼を広げ 飛んで行きたい・・・ 素敵な歌声を有難うございました。
ラスト曲です・・・★アモール・モナムール・マイラブ.....今宵二人で 愛を語ろう恋人よ アモール・モナムール・マイラブ
CIMG2875.JPG CIMG2876.JPG CIMG2877.JPG CIMG2878.JPG CIMG2879.JPG
CIMG2882.JPG CIMG2881.JPG 証城寺の狸囃子.jpg オープニングの「証城寺の狸囃子」は日本の童謡。
作詞:野口雨情・作曲:中山晋平。千葉県木更津市の證誠寺に伝わる「狸囃子伝説」から想を得たもので、曲は大正14年に発表されました。

  皆さん どうも有難うございました。朝晩の冷えに風邪を引かれない様に気をつけて下さい。
  次回は11月4日(第1月曜日)振替休日です。是非お出かけ下さい✋✋
11_112.jpg 11_112.jpg 11_112.jpg 11_112.jpg  
天使W.jpg歌声のお問い合わせは電話 06-6674-8046 (喫茶 エンジェル)アイラブユ-.jpg
                    歌声サロン(深海)090-2191-1039     (事務局)  090-5887-0476(村田)  
                                                       pc mail toluna@angel.zaq.jp  (村田)
                                                                       このままクリックでOK!
...............................................................................................................................................
posted by たかピー at 20:34| Comment(0) | 住之江歌声日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする