ようこそ歌ごえサロンへ!歌ごえメンバーの「仲間の輪」ブログパートU

2018年11月05日

歌声喫茶 in 住之江11月

11月花カランコエ.jpg 11月5日(月曜日)午後1:30〜 喫茶 エンジェル フィギア フインランド大会.png

  昨日と連日の歌声です!今日も秋晴れで気温は24度のとても爽やかな小春日和に恵まれました。「あべの」から阪堺電車トラムで安立町の会場へと向かいます。 さてフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は4日に男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が190.43点、合計297.12点でともに今季世界最高点で優勝を飾りました。演技後半に決めた史上初となる4回転トウループ―3回転アクセルのコンビネーション「4T-3A」の連続ジャンプを成功させた瞬間、歴史的な圧勝劇に脚光を浴びせています。常に挑戦する努力は本当に凄い!! さぁ今日も歌声に大勢のお客様が足を運んで下さいました、有難うございます。沢山歌って楽しみましょうね! オープニング演奏から 住之江歌声11月がスタートします!GO!GO!
                     ふるさと@.jpg 《1ステージ》 お下げ髪.jpg
こんにちは、すっかり秋らしく晴れましたが暦の上で明日は立冬です。観光地のあちらこちらから紅葉が身頃ですの便りが届いています。そんな秋のひと時をご一緒に楽しく過ごしたいと思います、ではスタートしましょう.....fp
旅愁.....窓打つ嵐に夢も破れ はるけき彼方に・・・ オードウエイはアメリカの医学博士として医業の傍ら作曲にも才能有
M氏・Fさんからどうぞ・・・故郷の空.....スコットランド民謡 明治政府は訳詩家:大和田建樹に詩を、明治21年誕生
W氏・H氏どうぞ・・・追憶.....スペイン民謡  「明治唱歌集」第五集「月みれば」が「追憶」の日本における元歌です。
Kさんとお友達で・・・浜辺の歌.....変イ長調八分の六拍子のメロディーは外国曲の響があり外国でも演奏される。
Mさんお席から・・・北上夜曲.....想い出すのは想い出すのは 北上河原の月の夜・・・ 昭和36年週刊誌「サンデー毎日」が作者不詳の名曲として紹介したところ、安藤睦夫が名乗りを上げ作詞:菊池 規・作曲:安藤睦夫と判りました。  
Sさん・Nさんです・・・白い花の咲く頃.....さよならと言ったら 黙ってうつむいてたお下げ髪・・・ 旦那様の初恋の人でした。
Y氏とご一緒に・・・瀬戸の花嫁.....作曲:平尾昌晃はウェスタン・ジャズ・ロカビリー・歌手・作曲家で才能を発揮。
Tさん宜しく・・・坊がつる讃歌.....元歌は昭和8年に作られた「雲に消え行く山男」だそうです。
Mさんどうぞ・・・夜明けの歌.....歌は岸洋子ですが、最初は坂本九が私の心を⇒僕の心 と歌っていました。
W氏と皆さん・・・小さい秋見つけた.....3番の歌詞「はぜの葉」は、ウルシ科ウルシ属の落葉樹ハゼノキの葉の事
Nさんとご一緒に・・・茶摘.....夏も近づく八十八夜 トントン・・・ 立春から八十八日目頃新芽を摘むのが最適と言われる。
Y氏とご一緒に・・・霜月の午後(奥様お手をどうぞ).....次を忘れたら繰り返せばいい イチ・ニ・サンと何度でも・・・ 亡くなった認知症の奥さんを介護する林学さんに石黒真知子さんが詞を寄せてつくられました。実話です。
CIMG1373.JPG CIMG1375.JPG CIMG1376.JPG CIMG1378.JPG CIMG1379.JPG
                       木の実W.jpg《2ステージ》 たき火.jpg
M氏からです・・・小さな木の実.....詩:海野洋司は長男の誕生日に書いていた詩のフレーズをヒントにして書く。
H氏ソロでどうぞ・・・・アデュー.....アデューとはもう二度と会わない時に使うさようならです。
Y氏と皆さんで・・・なつかしき愛の歌.....たそがれの灯火は 愛しくも仄々と・・・ ビンガムが書いた原題は「Love・s old Sweet  Song」 として紹介され「やさしき愛の歌」と呼ばれることもあります。 
Mさん宜しく・・・小雨降る径.....訳詩:薩摩 忠は日本人向けの簡潔な言葉を用いていて良いですね!
M氏ソロでどうぞ・・・春の日の花と輝く.....メロディーは300年も前に歌われていたアイルランドの古い民謡です。
Yさん・Y氏で・・・ラ・ノビア.....1962年チリ人のホワキン・プリートが作詞・作曲したものでアルゼンチンで大ヒット!
M氏宜しく・・・虹と雪のバラード.....1972年 歌:トワ・エ・モワ この年の「第22回NHK紅白歌合戦」で歌った。 
皆さんご一緒に・・・耳をすましてごらん.....NHK連続テレビ小説「藍より青く」の主題歌で脚本を担当した山田太一作詞を、音楽を担当した湯浅譲二が作・編曲を手がけている。歌:本田路津子最大のヒット曲になる。
W氏・H氏どうぞ・・・・ドナウ河のさざ波.....ルーマニアの作曲家ヨシフ・イヴァノヴィチが1880年に作曲したワルツ
Fさんとご一緒に・・・たき火.....昭和24年NHKのラジオ番組「うたのおばさん」松田トシ・安西愛子が歌い全国に!
K氏宜しく・・・野菊.....石森延男詩と下総かん一曲と相まってしみじみとした懐かしさがこみ上げてくる歌ですね。
Mさんソロで・・・希望.....「夜明けの歌・恋心」などと並び岸洋子の代表曲の一つに数えられる。
CIMG1382.JPG CIMG1383.JPG CIMG1385.JPG CIMG1386.JPG CIMG1387.JPG 
                       お母さんU.jpg 《3ステージ》 コスモス.jpg
Fさんとご一緒に・・・母さんの歌.....お母さんへの感謝の気持ちと、元気で生きいて欲しいとの思いを込めた歌。
Mさんソロで・・・忘れな草をあなたに.....江口浩司は18歳から猛勉強をし、服部 正に師事し作曲家になった方。
Tさんと皆さんで・・・童神.....天からの恵み 受けてこのほしに・・・ NHKの連続テレビ小説「ちゅらさん」の挿入歌で、詩:古謝美佐子 曲:佐原一哉さんご夫婦の初孫のお祝いで1997年に作られ歌ったものです。
K氏宜しく・・・宵待草.....詩:竹久夢二 大正2年11月に夢二の処女詩集「どんたく」にこの詩が掲載され、大正7年9月に多 忠亮が曲を付け「セノオ楽譜」により出版され大変な評判となりました。
W氏・H氏どうぞ・・・秋桜(コスモス).....山口百恵19枚目のシングル 元は「小春日和」というタイトルだったが、曲を聴いたプロデューサー(CBSソニーの酒井正利)の提案で「秋桜」に変更となった。
M氏のソロです・・・夜明けまで踊りたい.....夜明けまでも踊りながら 話しましょう 貴方の手に抱かれながら 夢を見たい・・・
W氏・H氏どうぞ・・・枯葉.....シャンソンの名曲ですが元々はフランスの「サラ・ベルナール座」で1945年初演のバレェ「ランデブー」に作られたもの、翌1946年フランス映画「夜の門」の挿入歌でイブ・モンタンが歌いヒット!
Mさん宜しく・・・人の気も知らないで.....シャンソン 1930年のフランス映画「リラ」の主題歌として使われました。
W氏どうぞ・・・黒い瞳.....輝くは汝が瞳 まどわしの黒き色・・・ ロシアの詩人イエウヘーンが1843年に男性から女性への大きな愛を綴った詩を発表し、それから40年もの後C・ゲルデリが曲を付けています。
H氏ソロでどうぞ・・・忘れな草.....作曲家クルティスが1935年名テノール歌手ミーニ・ジーリの為に書いたもの。
お別れの曲です・・・☆アモール・モナムール・マイラブ.....今宵二人で 愛を語ろう恋人よ アモール・モナムール・マイラブ・・・
CIMG1388.JPG CIMG1390.JPG CIMG1391.JPG CIMG1393.JPG CIMG1395.JPG
CIMG1403.JPG CIMG1397.JPG CIMG1398.JPG CIMG1401.JPG CIMG1402.JPG
           有難うございました。そしてお疲れ様でした。
 次回は12月3日(第1月曜日)師走の風が吹いているかも...是非お出かけ下さい。
 ◎新年は1月7日からスタートしますので宜しくお願いします。✋✋

11_112.jpg 11_112.jpg 11_112.jpg 11_112.jpg 
   歌声のお問い合わせは電話 06-6674-8046 (喫茶 エンジェル)アイラブユ-.jpg
                           歌声サロン(吉田)090-6550-0364    (深海)090-2191-1039
                     又は 090-5887-0476 (事務局)  pc mail to
luna@angel.zaq.jp  (村田)
                                                                このままクリックでOK!
.................................................................................................................................................
posted by たかピー at 20:52| Comment(0) | 住之江歌声日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

歌声サロン in 一心寺11月@

11月花サザンカ.jpg 11月4日(日曜日)午後1:30〜 南会所  ソフトバンク日本一.jpg

  今日は秋晴れ 風は少し冷たく感じますが小春日和です。 昨日3日に日本シリーズ第6戦がマツダスタジアムで行われました。8戦まで縺れるかとも言われていましたが、ソフトバンクの勝利でした。広島は4連敗を喫し、1勝4敗1分けで34年ぶりの日本一になれませんでした。シーズンで力を発揮した機動力がソフトバンクの甲斐拓也捕手に6連続で盗塁を阻止されました。ソフトバンクは本当に強かったですね!  さて先週に続いての一心寺歌声ですが、今日も大勢の方のご参加です、皆さん有難うございます。楽しいひと時をご一緒に過ごしましょうね!宜しくお願いします。 オープニング演奏から 一心寺歌声11月@のスタートです 👊 GO!GO!GO!
                        もみじV.jpg《1ステージ》 ハゼ釣り.jpg
こんにちは、良い気候になりました。今日は少し雲が多いですが、ここ2〜3日前から秋の雲が本当に綺麗ですっかり秋の空になりました。そんなこんなで今日はこの歌から始めましょう.....fp
夕焼け小焼け.....日がくれて 山のお寺の鐘が鳴る・・・ 詩:中村雨紅が大正9年に故郷、東京都現八王子の風景を詩う
もみじ.....秋の夕日に照る山もみじ 濃いも薄いも・・・ 明治44年「尋常小学校唱歌(二)」「ふるさと」コンビで作られる。
お二人からのリクエスト・・・秋の子.....サトウハチローは18歳の頃から詩を書き、この歌に魚の「はぜ」を入れる。 
Fさん・Kさんどうぞ・・・野菊.....詩:石森延男は、アイヌを主人公にした小説「コタンの口笛」を書かれた方です。
お好きな方前に・・・公園の手品師.....鶴田浩二が映画の主題歌で歌い、後にフランク永井がリメイクでヒットする。
I氏・Mさんのデュエット・・・いつでも夢を.....あの娘はいつも歌ってる・・・ 昭和37年橋幸夫・吉永小百合のデュエット
Aさん・Nさんどうぞ・・・銀色の道.....作詞家・劇作家・番組構成作家など多彩な才能を発揮された故:塚田 茂詩
皆さんご一緒に・・・〜すばる〜.....谷村新司詩・曲 アリスライブ活動は1974年には年間303ステージ記録する。
M氏・N氏宜しく・・・空よ.....歌:トワ・エ・モア NHK総合テレビの番組「あなたのメロディー」から生まれた。
Bさん・Y氏どうぞ・・・たんぽぽ.....長野の中野青年合唱団 竹前美保さんが投稿された文章からこの詩が出来た。
皆さんご一緒に・・・てんとう虫のサンバ.....歌:チュリッシュ 結婚式で友人たちが歌うお祝いの歌で一番多かった。
O氏ソロでどうぞ・・・枯葉.....フランス映画「夜の門」の挿入歌としてイブ・モンタンが歌い代表曲の一つととなった。
CIMG1343.JPG CIMG1344.JPG CIMG1345.JPG CIMG1346.JPG CIMG1347.JPG
CIMG1348.JPG CIMG1349.JPG CIMG1350.JPG CIMG1351.JPG CIMG1352.JPG 
                        雁の群れV.jpg《2ステージ》 からたちの花U.jpg
皆さんご一緒に・・・秋の夜半.....ドイツ・オイティンに1786年に生まれた「ウエーバー」が35歳の時に作曲した。
🚩皆んなで歌いましょう、男性集合・・・☆風.....人は誰もただ一人旅に出る・・・ 昭和44年のヒット曲 歌:はしだのりひこ&シューベルツ 今日は男性が多くてとても素敵な合唱でした。皆さん有難うございます。
🚩次は女性の方、皆さん前にどうぞ・・・☆河は呼んでいる.....M氏のリクエスト。1958年フランス映画「河はよんでいる」の主題歌として発表された。M氏大勢の女性の真ん中で幸せそうですね!女性コーラスとても綺麗です。
第2歌集、Bさんどうぞ・・・しあわせの歌.....東に住む人はしあわせ 生れたばかりの太陽を一番先に見つけることが出来るから・・・ 1984年榊原郁恵の35枚目シングル。NHK音楽番組「みんなのうた」で使用されました。 
Yさんとご一緒に・・・異邦人.....美しい並木で知られる国立駅前の大学通りの景色をイメージして書かれた詩。 
Fさん・Kさん・I氏どうぞ・・・麦踏みながら.....山懐の段々畑 昭和27年NHKラジオ歌謡  関根利根雄詩・玉利明曲
Y氏とご一緒に・・・俺たちのシルクロード.....旧国鉄時代の国鉄労働者の合唱団 "広島ナッパーズ" の名曲です。
ご一緒にどうぞ・・・からたちの花.....からたちのそばで泣いたよ みんなみんな優しかったよ・・・ 山田耕筰の少年期の体験が元で幼い頃養子に出され、活版工場で勤労しながら夜学で学んでいた思い出を北原白秋が詩にしたためた。
Yさんと皆さんで・・・春よ、来い.....松任谷由実26枚目のシングル NHK連続テレビ小説「春よ来い」の主題歌。安田成美主演の第1部には1番が、中田喜子主演の第2部には2番が流されました。
M氏とご一緒に・・・荒城の月.....詩:土井晩翠 28歳の時「帝国文学・紅葉青山水急流」などを発表する。
Nさんと皆さんで・・・旅人よ.....歌:加山雄三はシンガーソングライター・タレント・ギタリスト・ウクレレ奏者・ピアニスト・画家。本名は池端直亮 ニックネームは若大将でペンネームは弾 厚作。血液型A型。  
M氏とハーモニーで・・・星の界(よ).....チャ−ルズ・コンヴァース曲1868年「慈しみ深き友なるイエス」で発表。
CIMG1353.JPG CIMG1354.JPG CIMG1355.JPG CIMG1356.JPG CIMG1357.JPG
CIMG1358.JPG CIMG1359.JPG CIMG1360.JPG CIMG1361.JPG CIMG1362.JPG
                       かっこう.jpg《3ステージ》 オレンジ色の花.jpg
皆さんご一緒に・・・旅愁.....原曲は「ドリーミング・オブ・ホーム・エンド・マザー」犬童球渓は心情を重ねてこの曲の訳詩をしたそうです。又 犬童は生涯に250曲もの作詞・作曲や訳詩をしています。
K氏宜しく・・・泉のほとり.....美しい娘さん 髭面を見るな 兵士にゃ髭も悪いものじゃない 私は・・・ 手拍子宜しく!ロシア民謡
O氏お願いします・・・時計.....メキシコの音楽グループ「ロス・トレス・カバジェロ」カントラール詩曲ボレロ1957年。
U氏ソロでどうぞ・・・・ククエチカ.....向こうの森で鳴いてるカッコウ・・・ ポーランド民謡 第五回友好祭で日本代表団が「シュワジペチカ・いってしまった小鳥」などと一緒に日本に持ち帰りました。 
Oさんと皆さんで・・・山のロザリア.....原曲はアレクサンドルスキーと言う歌詞のない舞踏歌でフォークダンス曲
第2歌集より・・・哀しみのソレアード.....子供は新しい 光を連れてくる・・ ・〜子供達が生れる時〜 歌:由紀さおり 争いや憎しみのない平和な世の中になり全ての子供達の幸せを祈りつつ思いを込めて歌います。
皆さんご一緒に・・・星よお前は.....荒木 栄曲 大牟田「水曜コーラス」の会員が結婚して東京に移ることになり、遠く離れていても仲間としていつも励まそうと温かい気持ちを込めて結婚の席上で贈った曲。
I氏・N氏・Mさんどうぞ・・・みをつくしの鐘.....子どもの健やかな成長を願う母の心は、新庁舎完成後も受け継ぐ。
U氏お願いします・・・晩秋.....ロシア民謡 厳しい冬を前にしたロシアの淋しい晩秋の風景を歌います。
K氏お待たせです・・・なつかしき愛の歌.....モロイ曲 前半はゆったり4拍子、後半は流れる様な3拍子で!
M氏とご一緒に・・・冬の星座.....1837年アメリカ、ケンタッキー出身ヘイスは医師の傍ら作詞・作曲をされていた
皆さんご一緒に・・・花をおくろう.....吹雪の夜を歩いてきた ぬかるみを飛び越えてきた・・・ 荒木 栄曲 1961年結婚式の当日九州合唱団の代表者が合唱したのがこの歌のデビューです。
ラストナンバーです・・・☆アモール・モナムール・マイラブ.....思いを込めて 君呼べばこの胸に あふれる生命・・・
CIMG1363.JPG CIMG1364.JPG CIMG1365.JPG CIMG1366.JPG CIMG1367.JPG
CIMG1368.JPG CIMG1369.JPG CIMG1370.JPG CIMG1371.JPG CIMG1372.JPG 
   どうも有難うございました。外は少し雲が広がって来たようです。
 新年のスケジュールがまだですが、実はお寺の予定がまだ決まっていません!
   12月に入れば分ると思います。決まり次第お知らせしますので宜しくお願いします。
  次回A24日(第4土曜日)です、お間違えのない様にお待ちしています。
          今日は本当に有難うございました。 ✋✋
............................................................................................................................................
 お礼 ボーカル村田貴子です、11月2日の「みをつくしコンンサート」にお越し頂きまして有難うございました。
 もっともっと練習をしてこれからも頑張りたいと思っています、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。 村田
3_106.jpg 3_106.jpg 3_106.jpg 3_106.jpg
posted by たかピー at 18:32| Comment(0) | 一心寺歌声日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする